グイン・サーガ111巻 タイスの魔剣士(栗本薫)

がぁーっ!
グインは何しとんじゃー!作者は何させとんじゃぁーーーっ!!

と雄たけびを上げますよ。まじで(笑)
もぅもぅ、何をウダウダダラダラとしてるんでしょうか・・・。とっととパロへ行かんかいっ!!と思ってしまいますが。まぁ、お陰でグインはなんか記憶を取り戻しつつあるようなんで、その為のウダウダだったのかなぁ・・・とも思うけども。

なんだか話が膠着しているようで、うりゃぁっ!な気分(笑)そういや、スイランの正体が分かってきたよ。予想通り。

タイスの魔剣士―グイン・サーガ〈111〉

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック