Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS レインツリーの国(有川浩)

<<   作成日時 : 2006/11/06 10:26   >>

トラックバック 8 / コメント 8

私ってホントに涙もろいんだなぁ・・・。いつにもまして号泣。最近、読書中に泣いてばっかりでなんだか厭なんだけど。涙腺が緩すぎるのか、読む本が泣きのツボにハマリすぎるのか、どっちなんだろう。・・・どっちもなんだろうなぁ、たぶん。

「図書館内乱」(メディアワークス)という本の中に出てくる作中本で、著者が出版社に持ちかけて出版が実現したお話。なので、ある程度の予備知識はインプット済み。笑うか泣くかのどっちかだとしたら、泣く部類だとは分かってたけどね。ここまで泣けるとはねぇ・・・。

相変わらず人物の感情が丁寧に、丁寧すぎるくらいに描かれている。このお話は著者にしては珍しく「飛び道具無の青春恋愛小説」なので、そりゃ〜もぉ〜切ない、切ないセツナイ・・・。男女どちらの視点からも描いてあるんだけど、どっちも分かるわー!と言う感じで。鼻の奥がツーンとなる。

聴覚障害についての記述もかなりリアルだなぁ、という印象を受けた。先天性・後天性の聴覚障害や手話、見えない障害だからこそ・・・などなど。あまりにもリアルすぎて、身近にそんな方がいらっしゃるのか?と思ったくらい。いきなり聴覚を失って、それが”=手話獲得”なんてなるはずないじゃんねー!日本語で確立している言語なのに、それをすぐに”自分の主言語を手話に”なんて出来る訳ないじゃんかぁーっ!しゃべることをそう簡単には手放さないんじゃないかなぁ。私の知ってる限りでは・・・。まぁ、私がそんなに沢山のことを知ってる訳じゃないけど・・・と、思いつつ見ていた某ドラマでの違和感を解消してくれた、という感じでした。聴覚障害というものにちょいと関わったことがあるというだけの私なんですが、その私でも感じた違和感。出来るなら、考慮(とはちょっと違うかな?)して欲しいなぁと思ったことがあったので・・・。

それにしても、この著者ってば毎回々私の傷口をえぐるよなぁ・・・。忘れたいと思ってたり、片隅に追いやって見ないように触れないようにしていることを、ま〜よくもねぇ!という感じで。どの本も、うっわ、そうきたかぁ;;;と思いながら読み進める羽目になった。

他にも色々と考えたりしたことはあったんだけども。それは、ぼちぼち書き足していこう。

このお話は、先にも触れたように「図書館内乱」の中の作中本なんだけれども。まぁた出てきましたねぇ。「フェアリーゲーム」(笑)これもどっかから出版されないかしら・・・と、思ったら「妖精作戦」というお話が基になっているらしい。でも、有川さんの「フェアリーゲーム」が読みたいなーと思っちゃうのは、読者の我侭ですか(笑)

レインツリーの国
レインツリーの国

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(8件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
レインツリーの国
 有川浩 2006 新潮社 ……ずたぼろ……orz だめです。やられました。 ...続きを見る
香桑の読書歴
2006/11/23 01:56
「レインツリーの国」を読む
本ブログ(勝手に)推奨の小説家、有川浩さんの「レインツリーの国」です。新潮社からの作品として、またメディアワークス以外から出版されるものとしてもはじめての作品になりますね。ところが、これって、「図書館内乱」を読んだ読者には「ニヤリ」とさせるお話なんです... ...続きを見る
怪鳥の【ちょ〜『鈍速』飛行日誌】
2006/12/19 23:06
レインツリーの国/有川 浩 [Book]
 有川 浩:著 『レインツリーの国』  レインツリーの国新潮社このアイテムの詳細を見る ...続きを見る
miyukichin’mu*me*mo*
2007/06/30 12:56
『レインツリーの国』/有川浩 ◎
有川浩『図書館内乱』の作中作品、『レインツリーの国』です。 キタキター!有川さん一流の、「じれったい愛{%heart3_a%}」ですよ! ...続きを見る
蒼のほとりで書に溺れ。
2007/07/01 23:18
レインツリーの国 有川浩
装幀は新潮社装幀室のはず。なぜかすべて横文字で、photograph by Takashi Otaka.design by Shinchosha Book Design Divisionとなっています。雰囲気作り?書き下ろし。 関西出身で東京の会社へ就職して3年の向坂伸行は、中& ...続きを見る
粋な提案
2007/07/21 14:15
レインツリーの国 〔有川浩〕
レインツリーの国 ...続きを見る
まったり読書日記
2007/08/24 19:31
レインツリーの国<有川浩>−(本:2008年8冊目)−
レインツリーの国 出版社: 新潮社 (2006/9/28) ISBN-10: 4103018712 ...続きを見る
デコ親父はいつも減量中
2008/01/11 01:28
本 「レインツリーの国」
「図書館戦争」シリーズの有川浩さんの作品です。 「レインツリーの国」は先のシリー ...続きを見る
はらやんの映画徒然草
2010/10/16 14:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
 私も読書中に泣いてばっかりです(笑)
 理由も、たぶんすずなさんと同じです。

>男女どちらの視点からも描いてあるんだけど、どっちも分かるわー!と言う感じで。鼻の奥がツーンとなる。

 そう、そう、そうなんです!
 「わかるー」「でもそれ、痛いよぉ」の連続で、
 ツーンとなりました。

 聴覚障害についても、なるほどなぁの連続でした。
 某ドラマ(たぶんあれかな?)は見てませんが・・・^^;;
miyukichi
URL
2007/06/30 13:06
miyukichiさんも泣いてばっかりですか。お仲間ですねー(^^)
こういう本を読む時にはタオルが必須アイテムです(笑)
すずな@主
2007/06/30 15:48
すずなさん、今日もお邪魔しております(^^)。
こういう王道恋愛、いいですよね。
王道でありつつも、聴覚障害という問題点を含んで、読者にさりげなく問題提起してるところが、有川作品のすごいところだなぁ、と思います。
私も、色々と考えるところあり、でした。個人的なこともあったのでブログには全然書いてませんが・・・。
水無月・R
URL
2007/07/01 23:26
水無月・Rさん、いらっしゃいませ〜(^^)
そうですね。甘いだけじゃないところが有川作品の一番の魅力だと思います。
この作品は特にいろいろと考えさせられた作品でした。
ブログには書けないことって一杯ありますよね。逆に、ブログだからこそ書けるっていうのもありますけど・・・。
すずな@主
2007/07/02 10:21
こんにちは。
泣けましたね〜。切なくて切なくて。男女どちらの視点からも気持ちをしっかり丁寧に描いてて、すごく共感しました。
聴覚障害と向き合う困難な展開を選んだ有川さんの心意気もすごいです。
有川さんの「フェアリーゲーム」読んでみたいですね〜(笑)。
藍色
URL
2007/07/21 14:15
>藍色さん
とっても切なくって、号泣しちゃいました。
そうですね。この展開を選んだ有川さんもすごいですよね。
おぉ!同志がっ(笑)「フェアリーゲーム」読みたいですよね!!
すずな
2007/07/21 16:44
すずなさん、こんばんは♪
この本も感情を揺さぶられる本でしたね〜。
もう、二人に感情移入しちゃって…タオル必須というのは適切です!
聴覚障害について、私はこの本で初めていろんな違いがあるんだということを知りました。
知ることって、大事ですよね。
エビノート
URL
2007/08/24 19:49
>エビノートさん
二人のやりとりを読みながら号泣。。。タオル必須ですよね〜^^;

私も本を読んで「へ〜そうなんだ!」と思うことが沢山あります。ホント、”知ること”って大事ですよね。
すずな@主
2007/08/25 10:17

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
レインツリーの国(有川浩) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる