水滸伝(七)烈火の章(北方謙三)

あいかわらず面白いっ!この巻も一気に読了。

またしても惜しい人が死んでしまいました。読みながら、あーこの展開は・・・と思ってしまいます。うわー嫌だなーなんかこの人やばそうだなー続きを読みたくないなーと思いつつも止められない面白さ。何なんでしょう。

陽令がだんだんと大人になっていきますねぇ。今後、彼がどうなるのか楽しみなところ。彼が成長してからのお話もあるんでしょうか・・・。なんだか、戦いの中で次々と人が消えていき、最後は彼が指導者として生きていくような・・・そんな気がしますが。
・・・銀河英雄伝説(田中芳樹)?(笑)

水滸伝〈7〉烈火の章

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック