水滸伝(五)玄武の章(北方謙三)

うっわー。なんか嫌な流れだなー、と途中から思いながら読み進めた。嫌な予感的中。居なくなって欲しくない人に限って、さっさと消えていくんだよね。ウッカリ涙目になりながら読了。こういうのはツライ。

とうとう本格的な”闘い”が始まったのだな、という感じですね。
贔屓なキャラがだんだんと減っていくのはたまらんなぁ・・・。

水滸伝〈5〉玄武の章

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック