空の中(有川浩)

うがー。あいかわらず私のツボ押しまくりだよーぅっ!>著者様
特に今回は泣きのツボ。

面白かった。
一言でいうなら、これしかないな、やっぱり。

しかーしっ!読んでる間中、思ってました。
あ~;;;やっぱりキャラが被るよなぁ・・・。
この著者の作品に出てくる登場人物は基本的に同じだよねぇ。名前が違うだけで。
なので、ぶっちゃけるとね。
この著者の作品をたて続けに読んでる私としては、この人物設定にちょいと飽き・・・むにゃむにゃ。
それでも、この著者さんは私のハートをガッチリ鷲掴みなので、今後も作品が発表される度に貪り読むでしょう。
なので、この点については今後の作品に期待!かな。

ある日突然、人類が空の上にいるモノに遭遇する。
当然のように湧き上がる混乱。友愛攻撃etc.
簡潔に表現するとそんな物語。・・・端折りすぎかな(笑)

そして。
この作品の一押しキャラは「宮じい」この人以外はありえませーん。
さすが年齢を重ねてきただけあって、説得力があるよ。ありすぎだよ。まさしく”いぶし銀”のよう。
宮じいの言葉に何度、泣かされたことか・・・。
もちろん、個人的好みから言わせていただくと、そりゃ~やっぱり高巳さん♪・・・決して、名前だけが理由ではありませーん>某関係者の方々(笑)
ヘラヘラしながら実は・・・って、こういう見かけ通りじゃない人って大好き。ヒネクレ具合もクール度合いも斜に構えてるとこも頭が切れるところも、そして実はかわいいところも。
実際にこういう人がそばにいると、性格上対抗意識がめらめら燃え上がっちゃって、でも太刀打ち出来無いから一緒にいるとグッタリ疲れるけどさ。
なので、第三者的立場で眺めてるのがいいのよねー(笑)
実際に近くにいてほしいのは、気を張らずにほっこり出来そうな武田三尉。何を考えてるかわかりやすいし(笑)地雷を踏んだらかーなーり剣呑だけど、「踏んだ」って分かるから対処が易い。
・・・あ。性格諸々が好きってだけですよ、もちろん。

この著者は「日和る」って言葉を多用する。
そして、ヒーロー(達)は絶対に”日和らない””日和っちゃいけないっ!”と自分に課す。
傍観者になるな。逃げるな。
というのが、根底に流れるメッセージなのかなぁ。。。
どの作品の主人公も逃げない。目の前の壁に向かって精一杯立ち向かう。
それってねー、かなりシンドイよね。
よじ登れるかわからない壁に向かって突進したり、時には自分の失敗を受け入れて正面から向き合って乗り越えようとする。大変だよ。キッツイよ。「やーめた」って逃げた方が楽だよ。
でも、本当はね。楽なのは逃げる時”だけ”なんだよね。その後、すんごいキツクなる。もっともっとキツクなる。そして、抜け出せなくなる。
逃げないのは本当にシンドイ。乗り越えるのはもっとシンドイ。
でも、シンドイのはその時だけで、全身から血を流しながら乗り越えられたら、その後は大丈夫。
もし、乗り越えられなくたって、「逃げなかった」という事実は大きい。逃げた時より数倍も楽になる。

分かってる。分かってるんだよね。そんなこと言われなくったってさ。
でも、目の前に楽な逃げ道があると、分かっててもやっぱり飛びついちゃう。
分かってるだけに、この著者の作品を読むと自分のその弱さにますます凹む。。。

蛇足。
「図書館内乱」で”すぅ”っと気持ちが冷めた部分があったのだけれども。
今回は、かの友人を思い出しました。かの友人はどう読むのでしょうか。
しょうがないと(私自身は)諦めモードとはいえ、こういうのは面白さにチクリと刺さる棘だよなぁ。あーぁ;;;


**空の中【文庫版】(2008.6.27)

空の中

この記事へのコメント

あまね
2006年11月05日 16:52
逃げた分の利子がついても、後で取り返す機会もなきにしもあらず、ってことじゃないかなあ、と思ったん。
目先の楽さに逃げることなんてあるさ~。三十六計逃げるにしかず、ということが、至言のことだってあると思う。
全部、戦っていたら疲れるよー?

……と、私は思うので、すずなちゃんの感じ方が真剣で、新鮮だったのです。
あー、私、根が怠け者でいい加減やから凹みもしなかった、って思って反省。

途中からこわもての宝田さんが可愛くなったのです。私の好みも一貫しているようです。汗
すずな@主
2006年11月06日 10:33
いやまぁね^^;
逃げだしたツケにすんごぉーく苦労したことがあるんで。
・・・というか、今でもツケにシンドイなーという思いをさせれたりすんでね;;;
この著者には傷口えぐられっぱなしです、実のところ。
2007年03月13日 14:29
こんにちは。
宮じいの言葉、人生の経験が重くて、まさに”いぶし銀”でしたね。
「日和る」以外に、「賢(さか)しらに」っていう言葉も、謙虚さを忘れないように言われてるようで心に残りました。
私も三十六計派(?)ですが、やっぱりシンドイ思いをしたことがあって、身につまされました~。
TBさせていただきました。
すずな@主
2007年03月13日 16:12
藍色さん、いつもTB&コメント本当にありがとうございます。とっても嬉しいです♪
宮じいの言葉に涙ぐみながら、この人に会えるものなら会いたいっ!と思いながら読みました。
2007年06月26日 21:43
 こんばんは♪
 こちらからもTBさせていただきました◎
 (でもまたしても反映されてないようです。。)

 宮じいには、うならされましたよね。
 よかったなぁ。

 「逃げる」「逃げない」について、
 なるほどなー、って思いました。
 そうですね、逃げないことの強みは、
 「逃げなかった」っていう自信も大きいですよね。
すずな@主
2007年06月26日 22:14
>miyukichiさん
コメント&TBありがとうございます。
TBはスパム対策の為に承認制にしてるんですよ。なので、ちゃんと届いています。お手数をお掛けしちゃって本当にすみません;;;

宮じいはいいですよねー。
出来れば、別な作品にも登場させて欲しいくらい。というか、宮じい主役で書いてもらえないかなー。・・・それはちょっと無理でしょうけどね(笑)
2007年06月28日 20:51
すずなさん、はじめまして。
TB&コメント、ありがとうございます!!

有川作品は、すっごく、面白いですね!実は水無月・R、有川作品の面白さをどうしてもネットの世界で叫びたくなりブログを作ってしまったというヒトなのです。
初読みが、この『空の中』。宮じいの土佐弁に泣き、ベタな恋愛にもだえ、ストーリーのスピード&スリルにはらはらし・・・。
これからも、有川作品から目が離せません!

もし、お許しいただけるなら、すずなさんの他の記事にもTBさせていただきたいのですが。よろしいでしょうか?
すずな@主
2007年06月29日 05:38
>水無月・Rさん
こちらこそ、TB&コメントありがとうございます!

有川さんいいですよね!私の初読みは「図書館戦争」でした。それから、全作品を読み漁りました。「宮じい」の言葉には泣けますよねー。

もちろん、どの記事へもご遠慮なくTBください。大歓迎です。ありがとうございます。こちらからもTBさせていただいてもよろしいですか?

この記事へのトラックバック

  • 空の中

    Excerpt:  有川浩 2004 メディアワークス このラストは、「愛と青春の旅立ち」? 作 Weblog: 香桑の読書歴 racked: 2006-11-22 00:45
  • 空の中 有川浩

    Excerpt: 装丁・デザインは鎌部善彦。四国沖の上空、高度2万メートルで続けて起きた航空機事故。2件目は航空自衛隊の演習機。事故を免(まぬが)れた武田光稀三尉と日本航空機設計の調査員の春名高巳が原因究明のため向.. Weblog: 粋な提案 racked: 2007-03-13 15:11
  • 空の中 有川浩

    Excerpt: 空の中 ■やぎっちょ書評 今月は有川浩さんマンスでもあります。「海の底」「塩の街」に続いてこの本。有川さんの好きな自衛隊は今回航空自衛隊です。が、未確認生物が出てくれば、恋愛も出てきます。図書館シ.. Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! racked: 2007-03-22 23:32
  • 空の中/有川 浩 [Book]

    Excerpt:  有川 浩:著 『空の中』  空の中メディアワークスこのアイテムの詳細を見る  200X年に起こった、2度の航空機事故。  その原因となった、謎の物体。  さらに、父を事故で亡くした瞬が  「フェイ.. Weblog: miyukichin’mu*me*mo* racked: 2007-06-26 21:33
  • 有川浩『空の中』 ◎

    Excerpt: 水無月・Rは、自己紹介にも書いたが、父・自分・夫の転勤により全国を転々としている。様々な土地に住んだが、少女時代最も影響を受けた土地は「高知県」である。3年半しか住んでいなかったのだが・・・。高知出身.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2007-06-28 20:39
  • 空の中<有川浩>-(本:2008年15冊目)-

    Excerpt: 空の中 出版社: メディアワークス (2004/10/30) ISBN-10: 4840228248 評価:90点 最高に面白かった。 SFとラブコメが見事に融合したエンタメ作品。 .. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2008-01-27 20:26
  • 『空の中』有川浩

    Excerpt: 空の中。 「秘密」は遥か前からそこに存在していた。 ある空域で相次いで起こった原因不明の航空事故。 秘密を知った大人たち。 秘密を拾った子供たち。 高度二万メートルの空の中、そこには――.. Weblog: 本を読め、本を。 racked: 2008-04-14 14:41
  • 【空の中】 有川浩 著

    Excerpt: 未確認知的生物… それは、「高度2万Mに潜む」 [:びっくり:] 200X年、二度の航空機事故が人類を眠れる秘密と接触させた。「変な生き物ゆうたわね?そやね?」―秘密を拾った子供たち。「お.. Weblog: じゅずじの旦那 racked: 2008-06-09 18:32
  • 『空の中』 有川浩

    Excerpt: 200X年、日本における数十年ぶりの国産輸送機開発プロジェクトが立ち上がったが、実験中にテスト機は原因不明の爆発事故を起こしてしまう。更に数週間後、同じ空域で今度は自衛隊機が謎の爆発。調査が進められる.. Weblog: 【徒然なるままに・・・】 racked: 2009-01-11 08:19
  • 本 「空の中」

    Excerpt: 「図書館戦争」の有川浩さん作品です。 実は「図書館戦争」を読んだ頃からなんですが Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2010-10-11 22:27
  • 空の中 有川浩

    Excerpt: 空の中 (角川文庫)著者:有川 浩角川グループパブリッシング(2008-06-25)販売元:Amazon.co.jp 200X年、謎の航空機事故が相次ぎ、メーカーの担当者と生き残った自衛隊パイロット.. Weblog: 苗坊の徒然日記 racked: 2013-12-11 08:45