水滸伝(一)曙光の章(北方謙三)

「封神演義」の次は「水滸伝」と友人に進められて恐る恐る手に取った(笑)
だって長いんだもーん^^;
おまけに、「水滸伝」って言ってもいろいろあってさ~。
実は北方さんって”お初”だったんだけど、この方で正解でした。

面白かった。
詰まらなかったら途中で放りだしてやるぞー!な気持ち満々で読み始めたんだけど、
途中で止めるなんてとんでもないっ!!
続きが気になって気になって一気読み(笑)

やばいよなぁ;;;
これって一体、何巻まであるんだろう?
読了までは道のりは長そうだ。。。

ま、嬉しい悲鳴ではあるのだけれど。

水滸伝 (1)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 水滸伝 1 曙光の章

    Excerpt: 水滸伝 1 曙光の章 ★★★★★ 「十二世紀の中国、北宋末期。重税と暴政のため Weblog: Pocket Warmer racked: 2006-11-17 07:24