水滸伝(二)替天の章(北方謙三)

うわー面白くなってきたよーぅ。
どうして今まで手をつけなかったんだろう。激しく後悔。

少しずつ、少しずつ、ホントに忍耐強く少しずつ溜めていって、いよいよ動き出すよーっ!っていうところ。まだ”プロローグ”って感じかな。・・・2巻目なのに(笑)
こういうのドキドキする。わくわくする。続きが読みたくってしょうがない。一気に最終巻までいきそうだな。

個人的にかなりグッときた言葉があって。思わず泣きそうになりました。こういう言葉を欲しているのか、私は。でも、おそらく私には一生、発せない言葉で。それを誰かに要求するのは、それこそ我侭というものだよ。諦めなさい。自分に言い聞かせる。

水滸伝〈2〉替天の章

この記事へのコメント

あまね
2006年10月29日 00:45
創竜伝が好きで、封神演義を読めた人なら、水滸伝を楽しまないわけがないっ。笑
いやそれにしても、読むの、早いです。
すずな@主
2006年10月29日 07:43
お陰さまですんごぉーく楽しんでます♪
紹介してくれてありがとう!

この記事へのトラックバック

  • 水滸伝 2 替天の章

    Excerpt: 水滸伝〈2〉替天の章北方謙三(著)価格:¥ 630(税込)発売日:2006年1 Weblog: Pocket Warmer racked: 2006-12-26 20:16