海の底(有川浩)

面白かった! 図書館シリーズとは違った面白さだった。 爆笑することはなかったけど、かわりに号泣;;;
もうねー! 「あんた、あたしのツボ押しまくりっ!!」>著者様

簡単に言うと、巨大ザリガニの大群に横須賀の基地(街)が襲われ、子供達+自衛官見習幹部2名(♂)が潜水艦に閉じ込められた。 って話なんだけども。 漂流しない十五少年漂流記と著者様は表現してらした。 ま~ほんとにそんな感じかな。

設定や展開に”ありきたり;;;”というのは確かにあるけど、そんなん気にならないくらい面白かった。 私的には大絶賛っ!! これはねー、ヤバイよ!・・・私のお財布が(笑) この著者の本すべてを手元に置きたくなってきた;;; むーん。文庫がでるまで待てない予感。今すぐ読み返したひ。。。

子供は小学生から中学生の男の子達+女子高校生一人 。そして、女子なら当然のことがおこる訳ですよ。月に一度の御降臨。 あってしかるべきなんだけど、私の知ってる限りあんまりソレに触れる小説ってないような気もする。 で、自衛官二人の対処もお見事!惚れたね!だったんだけども。 それよりもなによりも、「がんばって!」 きたね。ガッツリきたね。ぶわっときて慌ててタオルを取りにいった。号泣。 これは男子にはわからんだろうなぁ~。 女子なら誰でもここでかなりくると思われ。 ま~著者が女性だから書けた場面でしょう、これはね。

潜水艦の中だけでなく、横須賀を守るべく奮闘する警察官もステキなキャラ満載♪ いいねーいいねーこういう人、現実にいればねー(笑) そんでもって、やっぱりあるよTOPへの不信感&無能さ暴露。 リアリティありすぎるのが怖いよねー^^;

ま、私の一押しはやはり自衛官の夏木さぁ~ん!好きですねー、こういう人。 直情型で不器用(笑)+決断力、実行力、度量、情に篤いとことか 。そんでもって、それをちゃぁ~~んと分かる望ちゃん。エライよあんた。 私なら気付かない、気付けない。単純だからなー。表面しかみれないんだよね。 ということで、こういうのを読むとね~凹むのよね、ガッツリと;;; 自分の未熟さを思い知らされるんで^^;
ま、そういうことを差っぴいても、 とっても面白くって、ガッツリ泣ける小説でした。

あ。ネタバレしまくったんで、ついでにもうひとつ(笑) 個人的にはドンペリ奢らされる場面まで読みたかったなー。 冬原さんなら、絶対にその場に居た全員(もしくは艦の乗組員全員)分を奢らせたと思うんだよなー(笑)


**【再読】海の底(07.09.03)

海の底

この記事へのコメント

2007年06月30日 23:57
すずなさん、こんばんは~(^^)。
巨大生物vs日本の防衛組織ですよ!
しかも、じれったい愛が秘められてて、有川ファンにはタマラン作品ですよね。
そして、有事に対応できない上層部、おお~社会派小説だ。有川作品の凄さは、こういうところにも出てますよね。
すずな@主
2007年07月01日 07:36
>水無月・Rさん
こんにちは。
色んな要素が詰まってて有川ファンには”タマラン作品”ですよねー。
実は、有川作品の中でこれが私的一番なんです。
2007年07月21日 13:59
もしかして夏木さんの男っぽいとこに惚れちゃいました?(笑)。私も単純なのでついつい表面だけになりがち。望ちゃんを見習って、未熟なことにめげないで少しづつ気付けるようになりましょうね。でもその夏木さんに「有能な彼女」のあの試練が待っていたなんて(笑)。
すずな@主
2007年07月21日 16:42
>藍色さん
当たりです。その通りです(笑)<夏木さん
あの試練はなかなか大変そうでしたね。でも、望ちゃんにはとーっても弱い夏木さんも好きだったりします(笑)
2007年08月03日 22:11
 すずなさん、こんばんは♪
 
 女子のあのデリケートな問題、うまく描かれてましたよね。
 たしかにあそこ、きましたよ(笑)

 2人の自衛官、頼りがいありましたよね。
 「クジラの彼」を読んだ今読み返したら、
 前よりきっと感慨深いんだろうなぁー^^
すずな@主
2007年08月04日 05:23
>miyukichiさん
あれはきますよねぇ!<デリケート問題
もう私はあそこで号泣でした^^;
あ~そうですね。もう一度読み返したら「その後」を知ってるだけに、読んでてニマニマしちゃいそうです(笑)
じゅずじ
2008年06月12日 10:53
こんにちは!

自衛隊三部作…
ようやく戦いが終わりましたぁ。

日本防衛の無策ぶりを指摘するなんて、まるで社会派と錯覚するような有川さん(笑

最後は想像どおりでしたが、やっぱりニヤッと。
すずな@主
2008年06月12日 15:41
>じゅずじさん
ようやく戦いが終わりましたか!お疲れ様です(笑)
社会派あり、ラブありと色んな要素が詰め込まれてて面白かったですね。
最後はそうでなくっちゃ!で、私もニヤリでした♪

この記事へのトラックバック

  • 海の底

    Excerpt:  塩の街・空の中に続く 有川浩さんの3作目の本になります。今図書館戦争の続編も出ている話題の作家さんなので知っている人も多いかと  僕はこの作家さんに関しては 珍しく出版された順番に作品を読んで.. Weblog: 活字中毒 racked: 2006-10-15 15:16
  • 『海の底』

    Excerpt: 『海の底』有川浩/著(メディアワークス刊)待ちに待った、有川浩さんの第3作『海の底』です。海自もので潜水艦もの、という先行情報を聞いていたのですが、僕の印象では・・・・・・機動隊もの。いやぁ、仕事にか.. Weblog: 怪鳥の【ちょ~『鈍速』飛行日誌】 racked: 2006-10-15 22:30
  • 海の底

    Excerpt:  有川浩 2005 メディアワークス おっちゃん達がかっこいい!! ……と書き Weblog: 香桑の読書歴 racked: 2006-11-23 01:57
  • 海の底 有川浩

    Excerpt: 海の底 ■やぎっちょ書評 有川浩マンス一冊目。 これまで図書館シリーズしか読んだことがなかったので、新たな一歩です! で、読んでみるに・・・。   エビ?   ・・・エビのお話? .. Weblog: "やぎっちょ"のベストブックde幸せ読書!! racked: 2007-03-05 22:47
  • 『海の底』/有川浩 ◎

    Excerpt: 横須賀基地祭にわく、春もうららな休日。突然、『海の底』から巨大エビ(レガリス)が来襲!人を襲い、捕食を始める。 避難からはぐれて、自衛隊潜水艦に逃げ込んでしまった子供たちと、子供たちを救うためにレガ.. Weblog: 蒼のほとりで書に溺れ。 racked: 2007-06-30 23:52
  • 海の底 有川浩

    Excerpt: 装丁・デザインは鎌部善彦。第10回電撃ゲーム小説大賞の大賞を「塩の街」で受賞デビュー。続いていきなりハードカバー単行本第一作として出た「空の中」に次ぐ、ハードカバー単行本第二作目(その後の「図書館.. Weblog: 粋な提案 racked: 2007-07-21 14:00
  • 海の底/有川浩 [Book]

    Excerpt:  有川 浩:著 『海の底』  海の底メディアワークスこのアイテムの詳細を見る  初めて読む有川さん。  まったく予備知識なしに読み始めたら、  予想もしていなかった“あり得ない”展開で、  なんだか.. Weblog: miyukichin’mu*me*mo* racked: 2007-08-03 22:05
  • 海の底<有川浩>-(本:2008年54冊目)-

    Excerpt: 海の底 出版社: メディアワークス (2005/06) ISBN-10: 4840230927 評価:80点 横須賀に突如現れた巨大ザリガニの大群が、米軍基地と市街地を襲う! んん、.. Weblog: デコ親父はいつも減量中 racked: 2008-04-13 21:59
  • 【海の底】 有川浩 著

    Excerpt: 陸上自衛隊は塩と戦った [:!:] 航空自衛隊は未確認知的生物と戦った [:!:] そして、海上自衛隊が戦ったもの、、、あれはきっとエビラだ [:びっくり:] でも、がんばってたのは警察だっ.. Weblog: じゅずじの旦那 racked: 2008-06-12 10:29
  • 本 「海の底」

    Excerpt: 有川浩さんの作品で通称「自衛隊三部作」と呼ばれている作品の一つです。 「塩の街」 Weblog: はらやんの映画徒然草 racked: 2010-10-11 19:05
  • 有川浩 「海の底」

    Excerpt: 「空の中」は、あまり面白くなかったですが「海の底」は巨大化した海老が暴\れまわり機動隊と衝突するのは、迫力がありました。 Weblog: ゼロから racked: 2011-01-21 20:00
  • 「海の底」有川浩

    Excerpt: 横須賀に人を襲う巨大なザリガニが多数出現。 警察と自衛隊はこれを撃退すべく奮闘する。    【送料無料】海の底 [ 有川浩 ]価格:740円(税込、送料別) 四月の桜祭りで賑わう米軍横須賀基地。 そこ.. Weblog: りゅうちゃん別館 racked: 2012-12-23 17:44