サンタのおばさん(東野圭吾)

みなさんが持っている「サンタクロース」のイメージってどんなものでしょうか?白い髭と眉、赤い外套に赤いズボン。目が優しい小太りのお爺さん。トナカイの引くそりに乗って冬の夜空を駆け抜ける。。。とまぁ、だいたいこんな言葉がでてくると思います。サンタに対する「固定観念」ですね。でも、地球上には色んな人達がいるんだから、サンタだって色んなサンタがいてもおかしくないんだよね。

フィンランドの小さな村で、今年も「サンタクロース会議」が開かれようとしています。今年は、サンタ協会の会長であるアメリカ支部のサンタが引退することになり、後任のサンタが選ばれることになっています。そこへ、後任のサンタがやってきました。・・・やってきたのは、なんと女性だったのです!それからが大騒ぎ。女性のサンタを認めるかどうかサンタクロース会議は紛糾します。さぁて、女性のサンタクロースは認められるのでしょうか。結果は、読んでのお楽しみ。

私は「女性のサンタを認めるか」で紛糾するサンタ会議の中で、日本のサンタが日本の子供達について、こんな言葉をつぶやいたのが印象的でした。「サンタを本気で待っててくれる子供なんて、ほとんどいなくなった。夢がないんだ。」

(2001.11.28)

サンタのおばさん

この記事へのコメント

2008年12月23日 20:27
 日本サンタの言葉はリアルすぎて、笑うに笑えませんでしたね…。(^^;
すずな@主
2008年12月25日 13:55
>higeruさん
そうでしたね。リアルすぎる言葉でしたよね^^;;;

この記事へのトラックバック

  • 【東野圭吾】サンタのおばさん

    Excerpt:  「東野圭吾強調月間」の締めくくりは、エッセイを除いては唯一の未読作品で、この季節にふさわしいもの。実はずっと前からこの頃になったら読んでみようと思っていた。 文藝春秋 2001/11/15 第.. Weblog: higeruの大活字読書録 racked: 2008-12-23 20:25
  • 東野圭吾、杉田比呂美『サンタのおばさん』

    Excerpt: サンタのおばさん文藝春秋このアイテムの詳細を見る 今回は、東野圭吾、杉田比呂美『サンタのおばさん』を紹介します。絵本ということもあるし全部で70ページ弱なので、20分ぐらいで読めました。 テーマは.. Weblog: itchy1976の日記 racked: 2009-02-12 00:59