ルドルフとイッパイアッテナ(斎藤 洋)

タイトルから想像できる通り児童書。表紙の絵から”ルドルフ”って名前の猫と小学生の冒険譚だろう!と、見当をつけて読み始めたら・・・違った(笑) ”ルドルフ”と”イッパイアッテナ”って名前の猫のお話だった(笑)ま、冒険譚には違いないけど。冒険するのは、もちろん主人公ルドルフ。

内容は・・・想像とそう違いない感じかな。ありきたり、と言えばありきたりな話なんだけども。自分よりも友情を選んだりするあたりなんか、も~児童小説ならそうでなきゃ!と大きく頷いちゃった(笑)

面白かったです、ハイ。こういう”ほのぼの系”は好き。な~~んも裏を考えなくていいし。特に猫が主人公ってところは高ポイント♪これは続きが読みたいわ~と思ったら、ちゃ~んと続編が出てるようです。

(2006.8.9)

ルドルフとイッパイアッテナ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック