Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS 禁じられたジュリエット(古野まほろ)

<<   作成日時 : 2017/06/17 07:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ミステリ小説が禁書となった日本の名門女子高で、ミステリに触れてしまった女子高生6人。収監された反省室で、「囚人役」となり「看守役」となった同級生2人と共に更生プログラムに参加させられることになるが・・・。


怖い怖い気持ち悪い怖い。でも止められない。うわぁぁぁぁ怖い怖い。ひぃぃぃ気持ち悪い。でも止まらない…の繰り返し。
もうね、「更生プログラム」の執拗で容赦のなさ。あまりの気持ち悪さに、ほんっとに、途中で何度も挫折しそうになりました。でも、これからどんな展開が待っているのかと先が気になって、止められないんですよ。そこに、いけない、と分かっててもミステリ小説を読んでしまった彼女たちの気持ちがシンクロして・・・。

そして、読んでて思ったんですよ。この状況って、ついこの間、日本でも実際に起こってたことなんじゃないかって。かの戦時中、理不尽な扱いを受けた人たちがいたというのは事実で。言論も統制され・・・って考えたら、また違った恐怖がじわり、じわり、と忍び寄ってきました。

そんな精神をズタボロにされつつ読み進めた後半は、予想外に展開にこれまたビックリさせられました。最初、理解出来なくって。・・・え。えっ!?えーーーーっ、そうきたかーーーっ!と、絶叫しそうになりました。後半はミステリ色も追加されてて、また違った魅力というか面白さ。最後は希望の持てるラストになってて、はぁ…良かったよと安堵しました。

それにしても、ホントにね、とっても疲れました(笑)読了後、パタリ。と倒れ伏しそうな気持ちになりましたよー。でも、すっごい高揚感も感じられて満足。
怖かった。気持ち悪かった。でも、面白かった!



(2017.06.01 読了)





禁じられたジュリエット
講談社
古野 まほろ

Amazonアソシエイト by 禁じられたジュリエット の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
禁じられたジュリエット(古野まほろ) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる