Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS 校閲ガール トルネード(宮木あや子)

<<   作成日時 : 2017/05/28 11:16   >>

トラックバック 2 / コメント 4

シリーズ3作目。

今回はTVドラマ化もされて、その関係もあるのかないのか、お仕事よりも恋愛色の方が強いなぁと思いながら読みました。あ、でも、ミステリ要素もあったりして、これはこれで楽しめたんですけどね。

今回ようやく悦子が念願かなって、校閲部から雑誌の編集部に異動になれました。張り切る悦子。でも、なかなか理想通りにはいかず大変で。それでも、頑張る悦子には声援を送りつつ、校閲部に居た時の方がキラキラしてたような、と思ってしまいました。「やりたいことと、やれることは違う」んですよね。「好きだから自分に向いてる」訳ではないんですよね。誰でもそれを悟る日がやってくる。もちろん、やりたいことをやれてる人もいるし、好きなことが自分に向いてる人もいるんですけど。それは、極々、少数派だと思います。大抵の人は、いつか、気付いて、折り合いをつけていくものなんですよね。
・・・というようなことを、しみじみ思ったのでした。ちょっとハッとさせられたりもしたのでした。

それしても。貝塚くんの涙ぐましい努力に・・・。が、がんばれよ。と声援を送りつつ、報われる日が来るのかなとも思ったり。でも、いつか・・・なりそうな気はしないでもないですけどね。

なんだか、このシリーズは完結みたいですが、そういうことも含めて、その後の彼らに会えるといいなぁと願ってしまいます。


(2017.05 読了)




校閲ガール トルネード
KADOKAWA
2016-10-27
宮木 あや子

Amazonアソシエイト by 校閲ガール トルネード の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
校閲ガール トルネード 宮木あや子
校閲ガール トルネード著者:宮木 あや子KADOKAWA(2016-10-27)販売元:Amazon.co.jp ファッション誌の編集者を夢見る校閲部の河野悦子。恋に落ちたアフロヘアーのイケメンモデル(兼作家)と出 ... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2017/05/28 19:53
『校閲ガール トルネード』/宮木あや子 ◎
あ〜、面白かった!! 楽しかったし、考えさせられたし、ホントに素晴らしいシリーズですよ、宮木あや子さん!! 社会人3年目にして、念願の「女性ファッション誌の編集」に異動となった悦子が、直面する現実とは。 『校閲ガール トルネード』、まさにトルネードのごとき展開でした! ...続きを見る
蒼のほとりで書に溺れ。
2017/05/28 21:52

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こちらにも失礼いたします。
ドラマ化もされましたねー。悩んだのですが結局見ませんでした^^;ちょっと後悔してます←
今回は確かに恋愛要素が多かったですね。面白かったですけども。
それよりも悦子の異動のことがやはり印象深かったです。好きなことと向いていることって違うこともあるんですよね。私もハッとさせられるところがありました。
このシリーズは終わりのように書かれていて残念です。また皆さんにどこかで会えたら良いなと思います^^
苗坊
2017/05/28 19:55
すずなさん、こんばんは(^^)。
悦子の「やりたい仕事が向いてるわけじゃない」という苦悩が「お仕事小説」として切なかったですね・・・。
でも、〈校閲〉という天職をぜひ極めて欲しいです!

貝塚の報われない感が、哀れでした(笑)。いつか報われて欲しい気もしますが、どうでしょうねぇ。

悦子や貝塚、米岡さんや森尾、テツパン、エリンギ部長・・・、好きなキャラがたくさんいる物語なので、いつかまた別の宮木ワールドでもいいので、この人たちのその後を覗けたらいいなぁと思っています。
水無月・R
2017/05/28 22:00
>苗坊さん
ドラマは途中で挫折してしまいました^_^;
お仕事小説というよりも恋愛要素が多かったですね。まぁ、これはこれで楽しめましたけど。
悦子が異動してワクワクしたんですが、期待してたのとちょっと違ってて・・・。好きと向いてるは違うってところでハッとさせられましたね。
シリーズが終わるのは残念ですよねー!どこかでまた会えると良いですね。

すずな
2017/05/30 12:52
>水無月・Rさん
悦子が最後に悟った部分は切なかったですね。このラストがあったので、途中までは恋愛色が強いなぁと思ってましたが、最後は「お仕事小説」という印象も強くなりました。
貝塚がねぇ、ホントに不憫でしたね〜(笑)報われる日が来るといいですけど、どうでしょうか・・・。
個性的なキャラがたくさん登場したので、別な物語ででも再会できるといいですね!

すずな
2017/05/30 16:30

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
校閲ガール トルネード(宮木あや子) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる