Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS クローバーナイト(辻村深月)

<<   作成日時 : 2017/05/28 10:27   >>

トラックバック 1 / コメント 4

裕は保育園に通う二人の子どものいる父親。ママ友の不倫疑惑、保活、お受験、お誕生会と次々と子育てにまつわる試練が訪れる。そんな新米パパの奮闘を描いた連作短編集。

保活の大変さは昨年も話題になったりしたので知ってましたが、私の想像を遥かに越えた大変さに慄いてしまいました。こんなに大変なら、そりゃ〜愚痴りたくなるし、つい、強い口調で罵りたくなる訳だ、と納得。とはいえ、大変なのは保活だけじゃなくって、お受験にお誕生会・・・と、あれこもこれもとテンコ盛り。仕事しながら、こんなことに対応していかなくちゃいけない親の苦労って・・・。自分のことなら「面倒くさい・・・」で切って捨てられることでも、子どものことを考えるとね、そういう訳にもいかないだろうなぁと思うし。

・・・と、パパママの大変さを実感しつつ、辻村さんの作風が変わったなぁとしみじみ思った1冊でした。

いや、これはこれで面白かったんですけどね。でも、辻村作品と言えば、読みながら心のかさぶたをピリピリと剥がれるような、過去のあれこれを思い出して顔を顰めたくなっちゃうような、キリキリとイタイ・・・というような印象が強かったのでね。この前に読んだ「東京會舘とわたし」でも感じたんですが、やはり出産されたというのが大きいんでしょうか。それとも、父親目線だったからなんでしょうか。

そうそう。このお父さんが、多少の葛藤はあるにしても、本当に出来たお父さんでしたねぇ。まさに理想の父親、夫、という感じでした。問題が起こるのが、周りの家族ばかりだったというのもあるんでしょうが。あ、でも、最後は主人公家族の問題で、これはね、ちょっと、いや、かなり読んでてムカムカしました。どうなることかと思ったけど、最後はピシリと言ってくれてスッキリしました。

取り上げられていることは、かなりドロドロするし重いものばかりでしたが、主人公父親と家族のお蔭で、ほっこり優しい物語になってました。今までの辻村作品と比べると、心の負担が少なくって読みやすかったかな。まぁ、逆にいうと、ちょっと物足りなさも感じなくもないかな、とも思ったのでした。

いや、面白かったんですよ!面白かったんですけどね・・・。


(2017.05. 読了)





クローバーナイト
光文社
辻村 深月

Amazonアソシエイト by クローバーナイト の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
クローバーナイト 辻村深月
クローバーナイト著者:辻村 深月光文社(2016-11-17)販売元:Amazon.co.jp 家族の幸せを守るべく、新米騎士(ナイト)・鶴峯裕が右往左往しながら奮闘中。 ママ友の不倫疑惑、熾烈な保活、過 ... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2017/05/28 19:47

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは^^
子育てに関しての諸々はニュースや他の小説の中でも登場したりして知ってはいましたけど、本当に、色々ありますよねぇ。すっかり子育てについては恐怖しか覚えなくなってしまいました^^;予定もありませんけども。
このお父さんは本当に素晴らしい方でしたよね。こういう人と一緒だったら、子育ても一緒に考えて出来そうで良いなと思います。
作品自体は良かったですが、すずなさんのお気持ちも分かりますよ^^作風が変わったのは悪いことではないですけど、昔の雰囲気の作品もまた読みたいですよね。
苗坊
2017/05/28 19:52
>苗坊さん
子育てって本当に大変だなぁと改めて感じましたねぇ。私には無理だ・・・と早々に白旗上げたい気分になりました^_^;
お父さんが理想的で良いなぁと思いつつ、出来すぎ!とイジワルな気持ちも湧いてきたワタクシです・・・。
そうなんですよー!作品自体は面白かったんですよね、本当に。こういう雰囲気のも好きだし。でも、あのピリピリ感も味わいたいなぁと思ってしまう我侭な読者です^_^;
すずな
2017/05/30 12:39
保活は本当に大変よね。
私はまあ田舎者なのでそうでもなかったけど、それでも保育園に入れるには仕事が決まってないといけない。仕事探すには子供を預けるとこが決まってないと難しいというジレンマ。
お誕生日会とかもうちの子があまり社交的ではなかったので、そんな面倒なもん(←おい)なかったなあ(笑)
待機児童問題はずーっと問題になってるけど、保育士の待遇がもっと良くなって人手不足が解消しないと解決しないんじゃないかなぁ。

あ、私は辻村さんの新刊「かがみの孤城」を読了したとこなんだけど、初期の辻村さんっぽい作品ですよ!!
早く読んで読んで♪
あいぴょん
2017/06/05 15:48
>あいぴょんさん
経験者のお言葉は深いです・・・。仕事と保育園の関係って「鶏が先か卵が先か」を思い出しました。どっちにしろ、保育園の、保育士さんの数が足りないのが一番の原因のような気がします。
お誕生会はパスしちゃったんですね〜(笑)私も、もし子供がいてそんな感じだったら嬉々としてパスしちゃうと思います〜^m^

辻村さんの新刊も読まれたんですね!私は昨日、図書館から連絡があったので週末に取りに行く予定です。真っ先に読まなくちゃ!

すずな
2017/06/06 13:25

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
クローバーナイト(辻村深月) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる