Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS 剣と紅(高殿円)

<<   作成日時 : 2017/05/07 11:18   >>

トラックバック 1 / コメント 4

某公営放送の大河ドラマの主人公として注目を集めている井伊直虎の生涯を描いた歴史エンターテイメント。

昨年話題になった大河ドラマは早々にリタイアしたんですが、今年は今のところ面白く、毎週楽しみに見ています。昨年のはね、ちょっと合わなかったですよね、軽すぎて。セリフの中に「女子会」という言葉が出た瞬間に見るのを止めました。そういうノリは大河ドラマではいらない、他の時代劇でやってください。という気分なんですよね、個人的にはね。まぁ、そういう意味では今年の大河も軽めではあるんだけど、それでも次も観たい!と思わせてくれる何かはあります。

・・・って、余計な話が長くなりました;;;

戦国時代は好きですが、この直虎については、ほとんどというより全く知らなくて。知らないままドラマを見ても良かったんですが、どういう生涯を送ったのかどうしても気になってしまって、この小説を手に取りました。

まぁ、ちょっとファンタジー要素もあるにはあるんですけど、最後まで面白く一気に読みました。男たちが次々と亡くなる中、女で城主にならなければならなかった直虎の人生。許嫁とも添えることはなく、その子供の後見人として井伊家存続の為に生きていく。生半可なことでは出来なかったと思うし、直虎の胸中を思うと切なく堪らない気持ちになります。

でも、やっぱり女は強いなぁとそんなことを思ったりもしたのでした。直虎にしても、直政の母にしても、結局、女たちが腹を据えて決断しなければ井伊家は滅亡していた訳ですから。

それにしても、政次がイヤなやつでしたねぇ。ドラマの方では、報われない想いと切ない表情に「まーさーつーぐー!」といつも胸を痛めているんですけど。こっちの政次は同情の余地なしって感じでした(笑)

直政の生涯を描いたお話もあるようなので、そっちも読んでみたいと思いました。


(2017.03 読了)




剣と紅
文藝春秋
高殿 円

Amazonアソシエイト by 剣と紅 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
剣と紅 高殿円
剣と紅著者:高殿 円文藝春秋(2012-11)販売元:Amazon.co.jp 井伊直政は家康にむかって話を続ける。それを訊く家康の相づちは実に楽しげだ。 「十五の年、養母は、この男だけは絶対にい ... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2017/05/07 15:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは^^
今日のブログ更新お疲れ様です。
パソコンを開く度に新しい記事が出来ていて、勝手に頑張れーと思って読んでます。うふ。
この作品、私も大河が井伊直虎だと知った時に読みました。井伊家に関しては井伊直政の事を少しと井伊直弼の事を勉強したくらいで深くは知らず、この作品を読んで井伊家の底力というか強さを感じました。
井伊家の女性陣たちが強くて素敵でしたよね。
こちらの政次は本当にひどい奴でしたけど、大河ドラマの方では何で周りは政次の事分かってくれないの?!いや、分かっちゃダメなのか?頑張れー!と悶々として見ています^m^
直政の方も読みました。こちらも面白かったですよ!!機会がありましたら是非に^^
苗坊
2017/05/07 15:22
>苗坊さん
ありがとうございます!苗坊さんの声援のお陰でなんどか目標達成できました(嬉)更新するたびに苗坊さんのコメントやTBを貰えて励みになりました〜♪

井伊家の女性たちは強かったですね!スゴイなぁと思いました。大河ドラマを見てると政次のことが不憫で(;_:)でも、こちらの政次は嫌なヤツでしたね。

実は、苗坊さんのブログを読んで、この作品を知ったのです!改めて、素敵な作品との出会いをありがとうございましたm(__)mもちろん、直政の方も読まなきゃ!と思ってます。
すずな
2017/05/08 12:32
私も昨年の大河はリタイア組です(^^;
2回くらい見て「あーもう無理」って(笑)
今年の大河はダダばまりして、高殿さんのツイッターも前からちょこちょこチェックしてたのでこの本を知りましたよ。
直虎というより政次メインで大河もこの本も読んだので、両方のギャップがありすぎてちょっと混乱(笑)
まあでもこっちの方が史実に近いんでしょうね。
結婚して子供もいるし。
でも大河のキャストで読んでるから、ブラック政次も高橋一生ならウェルカムです←ただの高橋一生ファン。。。

私も直政の方読もうと思ってます。大河の方が成長してが菅田将暉になったころに。
でもその頃にはもう政次はいないんだなぁ。つらい。。
あいぴょん
2017/05/13 12:02
>あいぴょんさん
お。あいぴょんさんも昨年の大河リタイヤ仲間(笑)なんですね〜。
高殿さんのツイッターは知りませんでした!今度、覗いてみよう。
政次は小説と大河のギャップがありすぎますよね。先に小説を読んでたら「本当はイヤなやつなのに!」って反発しちゃったかもしれないと思うと順番って大事!って思います^_^;私も同じくウェルカムです(笑)

あ!直政の方を読もうと思ってるタイミングも一緒みたいです〜^m^

すずな
2017/05/13 14:12

コメントする help

ニックネーム
本 文
剣と紅(高殿円) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる