Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS Good old boys(本多孝好)

<<   作成日時 : 2017/03/01 12:50   >>

トラックバック 0 / コメント 0

市内屈指の弱小サッカーチーム「牧原スワンズ」の中でも、公式戦で一勝どころか一点も取れていない四年生チーム。そのチームで頑張る子供と、そのチームの活動を手伝う父親たちの姿を描いた連作短編集。

監督の方針もあって、弱小チームだからといって卑屈になる訳でもなく、楽しそうにサッカーに興ずる子供たちの姿に、読んでいて心が弾みました。もちろん、勝負にこだわる気持ちを持つことも大切だと思うけれど、まずは、その競技を楽しんで好きになるのが一番だもんね。

そんな子供たちだったけれど、一方、父親たちはというと、みんな様々な悩みや鬱屈を抱えていて、子供たちとは対照的。妻とすれ違いの日々を送っていたり、サッカー選手への夢を諦めた過去を持っていたり、仕事上の悩みを抱えていたり。そんな彼らが、子供たちとのサッカーを通じて、一歩前へと進み始める姿に、ちょっとね、ウルッとなりました。もちろん、そんな単純に解決できることばかりではないけれど、それでも、少しずつ心のありようが変わっていくのを感じられるたびに、読みながらすごく嬉しくなりました。

そして、今年最後の公式戦。子供たちは、とある事情から、なんとか一勝をもぎ取ろうと必死になる。子供たちは子供たちなりに考え、迷い、頑張って・・・最後は本当にドキドキしました。

そうそう。プロローグで意味がよく分からなかったところがあったんだけど、最後まで読むと「あ、そういうことか!」と嬉しくなって、もう一度、プロローグに戻って読んでしまいました。

お父さんの頑張る姿、そして、子供たちの頑張る姿に胸を打たれ、暖かい気持ちになれるお話でした。


(2017.02 読了)




Good old boys
集英社
本多 孝好

Amazonアソシエイト by Good old boys の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Good old boys(本多孝好) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる