Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS 本バスめぐりん。(大崎梢)

<<   作成日時 : 2017/01/20 15:13   >>

トラックバック 1 / コメント 2

都会を走る移動図書館を舞台にした連作短編集。

60代後半の新人運転手テルさんと図書館司書ウメちゃん。年の差40歳の二人の職場は横浜の街を走る移動図書館「本バスめぐりん」。本バスに乗って、団地、公園、ビジネス街を巡回していると、様々な謎が舞い込んで来て・・・。

本屋さんや出版社を舞台にしたお話を書かれている大崎さん。次は移動図書館ですか!と、ワクワクしながら手に取りました。これは絶対に好きだ。本好き、図書館好きな私にはどストライクなお話だ!と読む前からテンションが上がりました。
・・・となると、肩すかしだった〜とガッカリすることも多いんだけど、そんなことは全くなくって、最後までテンションが下がらないまま楽しめました。

巡回先で様々な謎が舞い込んでくるんだけど、どれもこれもが最後は優しく暖かい気持ちになれるような謎ばかり。最初は、ちょっと不穏な感じだなぁ・・・と思っていても、最後は概ねほっこり出来て良かった。

特に好きだったのは「道を照らす花」で、こういう関係っていいなぁと思いました。自分が行けないときは、誰かが代わりに返却してくれる、とか。すごく、羨ましい。。。まぁ、でもね、私だったら、時にはそんな関係を煩わしく感じることもあるんだろうなぁと、自分のことなので、そんなことを思ったりもしたのでした(笑)

移動図書館は私の住む地域にもありますが、利用したことはもちろん、バス(?)自体も見たことがないので、どんな感じなんだろうと興味津々でした。もちろん地域によって違いはあるんだろうとは思うけど、なんかね、すごく良いなぁと思いながら読みました。私は、図書館を利用しているとはいえ、司書さんたちとそんなに親しく会話することもないし、ましてや利用者さんとの交流なんて全くありません。それが、移動図書館だと、あれこれお話できたり、利用者同士での交流もあったりするのか〜と、ちょっぴり羨ましくも思ったんですが、前述の通り、それを煩わしく感じたりすることも多々ありそうな気もするので、なんとも・・・ですけどね。

それにしても、書店もですが図書館も厳しい環境にあるのだなぁということを改めて、ヒシヒシと感じたりもしました。本好きとしては、なんとかこの状況から少しでも抜け出せることを願うばかり。買ったり、借りたり、購入してもらったり、そして、そうやって手にした本を思いっきり楽しんだりと、そんなことをささやかながら続けることしか私には出来ないけれど。

そうそう!”図書館”ということで色んな本が登場したのですが、自分が好きな本も登場したりしてテンションがあがりました。その中で、全く知らないシリーズが登場して、すっごく気になったんですよね〜。翻訳ミステリーの「おばちゃまシリーズ」なるもの。かなり興味を引かれたので探してみたんですが、ドロシー・ギルマン作「おばちゃまはスパイ」シリーズとして集英社から14作が出版されているみたいです。地元の図書館で探したらシリーズ途中の作品が2冊しか置いてなかった;;;シリーズ物は1冊目から順番に読みたいんだよなぁと、ネット書店でも探してみたものの、こちらも新刊では在庫がなく・・・。ガッカリ。こうなったら、今度、リアル書店でも探してみよう!と思ったんですが、果たして在庫があるかどうか・・・。無ければ古本屋さんかなぁ。読めるといいなぁ・・・。





・テルさん、ウメちゃん
・気立てがよくて賢くて
・ランチタイム・フェイバリット
・道を照らす花
・降っても晴れても


(2017.01.07 読了)




本バスめぐりん。
東京創元社
大崎 梢

Amazonアソシエイト by 本バスめぐりん。 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
本バスめぐりん。 大崎梢
本バスめぐりん。著者:大崎 梢東京創元社(2016-11-30)販売元:Amazon.co.jp 都会を走る移動図書館「本バスめぐりん」。乗り込むのは六十代後半の新人運転手・テルさんと、図書館司書・ウ ... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2017/01/20 21:57

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは^^
この作品良かったですよねぇ。
大崎さんの今度のテーマは移動図書館!
またいいところを突いてきますよね〜^^
移動図書館、私が勤める街の図書館にもあるのですが見たことはありません^^;図書館に停まってるのをちらっと見たことがある程度です。
色々制約があるかもしれませんが図書館まで行くのが大変な人にとっては大事なものですよね。
テルさんとウメちゃん、いいコンビですよね^^
私は読んだことのある本はなかったです―悔しい。よく登場する「モモ」すら読んだことが無いんですよね。読むタイミングを失いました^^;あの箱本の姿を見たらなんか慄いちゃうんですよね〜←
苗坊
2017/01/20 23:34
>苗坊さん
大崎さん、移動図書館ときましたか!って思いましたよねぇ♪
苗坊さんでも見たことがないんですか!てっきりご存知だと思ってました〜(^-^;
テルさんとウメちゃんのコンビが良かったですよね〜。年の差はあるけれど、お互いを尊重しあってて良いなぁと思いました。
それにしても、苗坊さんが「モモ」を読んだことがないというのは意外でした。2度目の驚き(笑)
タイミングが合わないっていうことは、ありますよね!もし機会があったら、慄かずに!お手にとってみてください〜。
すずな
2017/01/22 15:10

コメントする help

ニックネーム
本 文
本バスめぐりん。(大崎梢) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる