Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS コンビニ人間(村田沙耶香)

<<   作成日時 : 2017/01/11 05:37   >>

トラックバック 2 / コメント 6

第155回芥川賞受賞作。

前から公言している通り、私にとって「芥川賞」は鬼門なのです。どうもね、純文学というのを楽しめないジブンがいるのです。読み終わって「・・・で?」ってなことを思っちゃうんだよねぇ・・・。
そんな訳で、かなり話題になっていましたが読むつもりはなかった本書。ところが、職場の同僚がグイグイと押してきまして!か〜な〜り、渋々と手に取った次第。もちろん、「芥川賞は鬼門なんだけど・・・」と前置きもして逃げ道を作ってからね(笑)


コンビニでバイトする36歳未婚女性の古倉恵子。小さい時から自分の感じ方が人と違うことを自覚し、目立たないように生きてきた。コンビニでバイトを始めて18年目のある日、新入り男性の白羽がバイトを始め・・・。

自分でもビックリだったけど、思ってたよりも楽しめた。ラストで「・・・で?」とも思わなかったし!これは進歩なのか、それとも、たまたまこの作品が合ったからなのか。どっちなのかは分からないけれど。

すっごい印象的だったのは、小学生の頃の喧嘩の止め方。もちろん、それが一番、手っ取り早い方法なんだとは思うけど…。自分が同じことされたら痛い、という風には考えられないんだろうなぁ…。そんなことや、いくつかの出来事を通じて、自分が人と感じ方が違うということを知った恵子。その後は、とにかく周囲に合わせることを一番に考えて行動するようになる。小学生で悟って出来ちゃうんだから、頭のいい子なんだろうなぁと、そんなことを思ったり。

大学卒業を控えた恵子が始めたコンビニでのアルバイト。マニュアルがあって画一的だから18年間も続けてこれたんだろうと思うけど。でも、新人バイトの白羽との交流で、何かが狂い始める・・・。いや、そこ、言いなりにならなくていいから!周囲の反応を気にしなくていいからー!と、何度も心の中で突っ込んでしましました。歯がゆさでギリギリしました。でも、今までも周囲に合わせて生きてきた恵子だから、そこで流されてしまうのだろうなぁとも思ったり。

まぁ、私も”普通”とは違う人生を送ってまして。実際、今の境地になるまでは、親から”世間体”のことや周囲からアレコレ言われたりすると、その度に色々と思うこともあったのでね。人のことに関してアレコレ言えないとは思うんですけどね(笑)

どうなることかと思ったけれど、最後は自分の意志で、自分のやりたいと思うことに向かって進んでいく恵子が見れて良かったなぁと思いました。

私だって、人と違うことを唱えるのは勇気がいるし、世間体みたいなものを全く気にしないで生きていける訳ではないけれど。それでも、少しでも”自分が良い”と思ったように生きられたらいいなぁと、そんなことも思いました。




(2017.01.05 読了)



コンビニ人間
文藝春秋
村田 沙耶香

Amazonアソシエイト by コンビニ人間 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
コンビニ人間 村田沙耶香
コンビニ人間著者:村田 沙耶香文藝春秋(2016-07-27)販売元:Amazon.co.jp 36歳未婚女性、古倉恵子。大学卒業後も就職せず、コンビニのバイトは18年目。これまで彼氏なし。日々食べるのはコ ... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2017/01/11 20:32
コンビニ人間
村田沙耶香 2016 文藝春秋 胸が痛かった。なんでこんなにばかにされないといけないのだろう。なんでこんなに否定されないといけないのだろう。なんでこんなに拒絶されないといけないのだろう。なんで。なんで。なんで。 主人公の古倉さんははすごいじゃないか。18年間、続けて勤務できていることってすごいじゃないか。きっと休むこととてほとんどなく、黙々と淡々と働き続けることができる。この人の精一杯の社会適応だ ...続きを見る
香桑の読書室
2017/01/24 11:03

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
こちらにも失礼いたします〜。
私も芥川賞は鬼門です^^;よく分からないなぁという感じであんまり読む気にならない人です。
でもこの作品は違いましたねー。理解できましたし、もうなんかグサグサ来すぎて読むの多少辛かったですが^^;
恵子は確かに社会不適合者なのかもしれませんがちゃんと働いて自立してるのに、どうしてそこまで言われなければいけないのかなって凄く疑問で腹ただしかったです。それでも最後に自分の道を見つけたことで何だか私も救われた気がしました。最後良かったですよね^^
苗坊
2017/01/11 20:53
>苗坊さん
苗坊さんも芥川賞は鬼門でしたか!私も自ら手を出すことは全くないです^_^;
・・・と、鬼門にしてる私と苗坊さんの二人ともが読んで良かったと思える作品って貴重ですね〜(笑)まぁ、確かにグサグサきて辛かった部分もありましたけどね・・・。

そうなんですよ!恵子は自立してるんだから、それでいいでしょー!ほっといてよー!って思いましたよね〜。どうなることかと思ったけど、ラストで救われましたよね。ホント良かったと思いました。

すずな
2017/01/13 12:45
どもです。
グサグサと胸が痛くてたまらなくなった本でした。
動揺しすぎて、感想を言葉にせずにはいられなかったという。

そうか。最後はそういう風に読むこともできるんだなぁ。
すずなちゃんや苗坊さんの感想を読んで、私が救われた気分。
私は彼女がそうとしかできない有り様に戻っていく感じがして、うわちゃーと思ったり、そうだよねそうだよねと切なくなったりしてしまいました(^^;
香桑
2017/01/24 11:07
>香桑ちゃん
まぁ、ある意味、年代的にグサグサくる内容だったというのもあるような・・・^_^;

なるほどね。そういう読み方もあるのかぁ・・・。確かに、そうも考えられるなぁ。
でも、私の感想で救われたと言ってくれるなら、そっちの方にしときましょう〜!
すずな
2017/01/24 12:46
読みかけの他の本があるんですけど、こっちをちょっと読み始めたら止まらなくて1日で全部読めちゃいました。
普通に面白かったです。
まあ極端ではありますが、共感できる部分もけっこうありました。
私も社会人1年目とか先輩の服装とか持ち物とか真似しましたもん。話し方もすぐ影響される方です(笑)

喧嘩の止め方も驚きましたが、妹の家で泣き始めた甥っ子ををなだめに行った妹に、ケーキを切ったナイフを見ながら「静かにさせるだけなら簡単なのに」って思ったところがちょっとゾッとしました。
あいぴょん
2017/02/25 11:32
>あいぴょんさん
確かに恵子は極端でしたが、共感できる部分もありましたよね。言われてみれば、社会人1年生の時とか私も先輩の真似をしたなぁと思いました。もう遥か昔のことで忘れてました(^-^;

喧嘩の止め方も、泣いてる甥っ子のことも、色んなことを取っ払って「一番、手っ取り早い方法」という視点でしか思考できないんだろうなぁと思いましたが、その人が私の周囲に居たらと考えると、やっぱり、それはちょっと怖いなぁと思います。
すずな
2017/02/26 16:20

コメントする help

ニックネーム
本 文
コンビニ人間(村田沙耶香) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる