Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS 人魚の眠る家(東野圭吾)

<<   作成日時 : 2016/01/10 15:57   >>

トラックバック 2 / コメント 4

面白かった。
…という言葉を使っていいのかどうか、ちょっと躊躇しちゃいますが。でも、先が気になって最後まで夢中で読んだんですよね。ラストも、最近の東野作品のように、うーーん;;;と肩すかし感を味わうこともなかったし。なので、やっぱり、面白かった!そう素直に言いたい。


6歳の娘がプールの事故で脳死状態となってしまった。その時、夫婦の選択は。そして、彼らを取り巻く人々の思いは・・・。

脳死、子供の臓器提供、延命治療、そして最先端医療技術。重いテーマに、様々な人々の想いが絡み合い、読んでいくうちに、果たしてどれが最良の方法なのか、選択なのか、分からなくなりました。

私自身は、もう随分前に、尊厳死協会に登録をし、臓器提供意思カードも所持しています。そして、もちろんのことながら、それらのことについて家族とも話し合い、それぞれの意志も確認しています。なので、もし私がそうなったら、家族がそうなったら、この物語の家族のように迷うことはないのかなぁと思ってました。私が脳死状態になったら、今でもその意志に変わりはありません。でも、家族が実際にそうなったら、どういう思いが胸の内に広がっていくんだろうと、ちょっと分からなくなってしまいました。握りしめた手がピクリと動いたら。動いたと感じてしまったら・・・。この両親のように、臓器提供に踏み切れるのかどうか。自信が無くなってしまったというのが正直な気持ちです。

でもね、この家族のように機械で娘の身体を動かそうとか、それは思わないかなぁ。なんだかそれはちょっと違うような気がする。娘のことを考えて、というよりも、親のエゴのような気がしてならなかった。なので、その辺は祖父の気持ちにすごく共感しました。

これはどういうラストになるんだろうと思っていたんですが、まさかの母親の行動にビックリ。もし、本当に刺していたら、どういう判断がなされたんでしょうね。司法的には結論付けられても、心情的には・・・。うーん、難しい問題ですね。そして、ずっと続くのかと思いきや、最期は呆気なく訪れる。ご両親、特に母親は、やれるだけのことはやったという思いもあったのかなと思いますが、今度は淡々と受け入れていく様が印象的でした。
重いテーマであったにも関わらず、なんとも清々しいような、そんな気持ちの読後感。自分でも不思議ですし、その気持ちをうまく言葉にできません。

何が正しいかとは今でも言えませんが、自分自身のことも含めて、深く深く考えさせられた作品でした。それにしても、東野さんはよくこういうお話を書けたなぁと、思ってしまいました。




(2015.01.08 読了)




人魚の眠る家
幻冬舎
東野 圭吾

Amazonアソシエイト by 人魚の眠る家 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
人魚の眠る家 東野圭吾
人魚の眠る家著者:東野 圭吾幻冬舎(2015-11-18)販売元:Amazon.co.jp 娘の小学校受験が終わったら離婚する。そう約束した仮面夫婦の二人。彼等に悲報が届いたのは、面接試験の予行演習の ... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2016/03/17 20:55
人魚の眠る家  東野圭吾
人魚の眠る家 ...続きを見る
花ごよみ
2016/04/26 09:58

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
子供の事故や事件のニュースを見るたび、これが自分の子供の身に起こったらと考えると胸がキューっとなります。
私は脳死での臓器提供は考えられないと思う。
機械で表情や体を動かすのは読んでてそこまでする?、って思ったけど、もし自分の子が同じようなことなって、それが出来る環境とお金があればするかもしれないとか思ったり。

最後の行動とその後の切り替えのはやさにちょっと、え?え?ってなったけど、でも面白かった、うん。

子供が絡む話は無駄にシンクロして読んじゃうから、ちょっと疲れる(笑)
あいぴょん
2016/01/11 20:20
>あいぴょんさん
私も姪っ子が誕生してからは小さな子供のニュースには同じように感じるようになりました。
機械で動かすことに関しては、母親の立場となると心情的には違ってくるものなのかなと思ったりもしたんですよね。なので、あいぴょんさんのコメントを読んで、やっぱりそうなのかぁと思いました。

最後は予想以上にあっさり納得しちゃって戸惑いというか驚きましたよねぇ。
いろいろな思いが交錯したけど、面白かったですよね。うん、面白かった!
すずな
2016/01/13 12:52
こんばんは。ようやく順番が回ってきました。
内容を知らずに読んだのですが帯を見ただけで明るい話題じゃないなということは分かりました^^;
臓器提供や臓器移植に関して、とても丁寧に書かれていましたよね。勉強になりました。
薫子の気持ちは分からなくもないですが、私も呼吸器のところまではまだしも筋肉のくだりから流行りすぎじゃないかなぁと思いました。言動もちょっと行き過ぎ…と思うところもあって。なにより生人が可哀想でした。
ただエピローグとプロローグがこんな風につながっていたのか!と驚きました。その最後に少し救われた気がします。
苗坊
2016/03/17 20:57
>苗坊さん
私もすごく勉強になりました。色々と考えさせられることも多い作品でしたね。
母親としての薫子の気持ちも分からないでもないけど、生人の気持ちも考えて欲しいなぁとも思えましたね。
そうそう!エピローグとプロローグが繋がって、そこが凄く良かったですよね〜!
すずな
2016/03/21 12:50

コメントする help

ニックネーム
本 文
人魚の眠る家(東野圭吾) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる