Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS 羊と鋼の森(宮下奈都)

<<   作成日時 : 2016/01/04 14:53   >>

トラックバック 2 / コメント 4

あぁ、良かった。
この作品を読めて、宮下さんという作家さんと出会えて、本当に良かった。そう心から思いながら読了しました。

タイトルから、森と共に暮らす誰かのお話かなぁなんて思っていたら、なんとピアノ調律師のお話でした!「羊と鋼」って、そうきたかーっと、まずはビックリ。でも、読んでいくにつれて、このタイトルがすごくすごくシックリしてくるんですよね。最後は、あぁ、まさにこのタイトルだ!と思いました。

新米ピアノ調律師である外村くんが、調律師を目指そうと決めた先輩調律師の板鳥さんや、柳さん、そして秋野さん達に囲まれ、挫折を繰り返しながらも成長する姿が描かれているんですが、人はこうやって、好きなことにコツコツと向き合っていれば、いつか必ず、それに見合っただけの何かを得られるものなんだと、そんなことを教えられたような、そんな気がします。これって、宮下さんのデビュー作である「スコーレNo.4」を読んだ時と感覚が似ているんですけど。実は、読み終わった後に「あ、回って回って巡って巡って、またスコーレNo.4に辿り着いたなぁ」と、そんなことも思ったのでした。

印象的だったのが、外村くんが指針とすることになる作家の原民喜さんの言葉。その文章を読んだ時に、宮下さんの文章がまさに”これ”だよなぁと思ったんですけど。もしかしたら、宮下さんご自身が指針とされている言葉なのかな。・・・とか、それは深読みしすぎでしょうけど;;;


明るく静かに澄んで懐かしい文体、少しは甘えているようでありながら、きびしく深いものを湛えている文体、夢のように美しいが現実のようにたしかな文体(原民喜)




宮下さんの作品って、ぐわーってハイテンションになる訳でなく、じわじわとしんしんと沁みてくる感じなんですよね。私は勢いで読んじゃうことも多々あるんですけど(笑)、そういう読書は出来ない。言葉の一つ一つを丁寧に、一つも読み飛ばすことなく丁寧に、しっかりと拾って読まなければ。そうしないと、何かすごく大切なことを見落としてしまいそうで。それはすごくすごく勿体なくて。そう思わせてくれる文章。
私にもうひとつの読書の仕方を教えてくれた大切な作家さん。これからも、ずっと追いかけていきたいなぁと、改めて思ったのでした。


実は、2015年最後に読んだのがこの作品でした。一年の締めくくりに素敵な作品に出会えたことに感謝。2016年も、素晴らしい作品に出会えますように。。。


(2015.12.30)





羊と鋼の森
文藝春秋
宮下 奈都

Amazonアソシエイト by 羊と鋼の森 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
羊と鋼の森 宮下奈都
羊と鋼の森 (文春e-book)著者:宮下奈都文藝春秋(2015-09-15)販売元:Amazon.co.jp オススメ! ゆるされている。世界と調和している。 それがどんなに素晴らしいことか。 言葉で伝えきれな ... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2016/01/04 19:36
『羊と鋼の森』/宮下奈都 ◎
2016年本屋大賞受賞作で、あちこちで話題になってたので、内容は何となくは知っていたのですが、こんなにも美しく力強い作品だとは思ってませんでした。 ピアノ調律という、私が今まであまり知らなかった世界を描いた、『羊と鋼の森』。 じつは宮下奈都さん、初読みなんですよね…。なんだか素敵な作家さんにまた出会ってしまいました♪ ...続きを見る
蒼のほとりで書に溺れ。
2016/09/04 15:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
この作品私も大好きです。2015年の1位になりました^^
(決めた後に王様のブランチで大賞になってめでたい反面凄く悔しい^^;)
外村君のひたむきさ、もどかしいけど羨ましくもあり…。
好きだけでは仕事は出来ないと思いますけど、外村君は限りなく努力をしていて、でもきっとそれを努力とは思っていないんじゃないかなとも思ったり。
好きなものがあることは誇りであり尊いと思わせてくれた作品でした。
苗坊
2016/01/04 19:38
>苗坊さん
実は私も2015年の1位はこの作品かなぁと思っているところです。・・・記事は今週末にはUPする予定です^_^;

外村くんのひたむきな感じがすごく胸を打ち、私も好きなことにもう少しひたむきに向き合おうと、そんなことを思ったりもしました。・・・すぐに忘れちゃうんですけどね^_^;
確かに外村君は努力と思ってないんでしょうね。ただ好きだからやってるだけ、そんな印象ですね。
苗坊さんのおっしゃる通り、好きなものを持つこと素晴らしさを感じさせてくれた作品でした。
すずな
2016/01/06 12:58
すずなさん、こんにちは(^^)。
すずなさんと苗坊さんがそろって2015年の1位に挙げていた『羊と鋼の森』、私もようやく読めました。
・・・読めてよかった!本当に素晴らしかったです。
よい物語に出会えました、ありがとうございます!

物語の最初と最後に、深い森の中の気持ちのいい空気を味わったような気がしました。
丁寧に生きることの大切さ、素晴らしさを改めて感じました。
水無月・R
URL
2016/09/04 15:13
>水無月・Rさん
こちらこそ、読んでいただいてありがとうございます。お気に召していただけたようですごく嬉しいです〜(*^_^*)

不器用でも丁寧に生きることの大切さを教えてくれる作品でしたね。「深い森の中の空気」私もまさしくそんな気持ちになれました!
すずな
2016/09/09 13:53

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
羊と鋼の森(宮下奈都) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる