Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS 時の罠(アンソロジー)

<<   作成日時 : 2015/07/29 12:53   >>

トラックバック 1 / コメント 2

辻村深月、万城目学、湊かなえ、米澤穂信の4人によるアンソロジー集。

これ、読んだような気がするんだけど・・・と思って、このブログで確認してみたけど読んでない(記事がない)。読んでなかったか!と手にして読み始めて・・・あれ〜?やっぱ読んでる?・・・いや、読んでない!を行きつ戻りつしながら読了しました(笑)自分の記憶がめちゃくちゃ曖昧なんだけど、記事にはしてないようなので!ということで(笑)

辻村作品と湊作品は既読でした。とはいえ、辻村作品をどこで読んだのかが、ホントわからなーい;;;もしや、やっぱり、この短編集を読んでたのか、なぁ・・・。

そんな不安(?)は無視して、ちょこっと感想をば。


・タイムカプセルの八年(辻村深月)
この先生にはムカついたけれど、お父さん達の愛情にホロリ。親というのは、こうやって子供の知らないところで色んなことをやってくれてるんだろうなぁと、そんなことを思ったのでした。私に子供はいないけれど、姪っ子たちのことを想いながらコッソリあれこれやってたりもするんですよね。伯母という立場でもこれなんだから、親ならもっと色んなことがあるんだろうなぁ。こういう風に、私の知らないところで、私の親もアレコレやってくれたのかもしれないなぁ。まぁ、それが嬉しいことばっかりとは限らないけれど(笑)「親の心子知らず」というのは、まさにこういうことなんでしょうね。もっと、親に感謝しなくちゃなぁと、そんなことも思ったのでした。

・トシ&シュン(万城目学)
最後に「そっちかーっ!」と突っ込みを入れてしまった(笑)まさか、そうくるとは思わなかったので、予想外の展開に驚きました。でも、面白かった!万城目さん、さすがだなぁと思ったのでした。

・下津山縁起(米澤穂信)
うわ、そうきたかー!と、これも驚きの展開。最初は、「これ、どういうお話なんだ?」という感じで、なかなか乗れなかったりもしたんだけど、読んでいく内にズルズルとはまってしまった、そんな印象でした。山が意思を持つという発想が面白かった。

・長井優介へ(湊かなえ)
これは、既読。おまけに、ラストも覚えてたので「衝撃!」というのはなかったけれど、改めて読んでも良いお話でした。





(2015.07.1 読了)






時の罠 (文春文庫)
文藝春秋
2014-07-10
辻村 深月

Amazonアソシエイト by 時の罠 (文春文庫) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
時の罠
時の罠 (文春文庫)著者:辻村 深月文藝春秋(2014-07-10)販売元:Amazon.co.jp 辻村深月、万城目学、湊かなえ、米澤穂信―綺羅、星のごとく輝く人気作家たちによる、“時”をテーマにしたア ... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2015/07/29 19:23

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは^^
辻村さんの作品は「家族シアター」に載ってますよ^^
この本を読んですぐに「家族シアター」を読んでショックを受けました^^;
豪華なメンバーですが私は辻村さんの作品が1番好きでした。男性目線というのが新しかったですし、お父さん素敵でしたよね、息子さんも。
湊さんの作品はイヤミスかと思ったら違ったのでよかったです^m^
苗坊
2015/07/29 19:25
>苗坊さん
「家族シアター」ですか!それは・・・読んだけど記事にしてないようです^_^;教えて頂いてスッキリしました(笑)ありがとうございました♪

私も辻村作品が一番好きでした。このお父さん、素敵でしたよね〜。湊作品は珍しくイヤミスじゃなかったですね〜。ホッとできるラストで良かったですね。
すずな
2015/07/31 11:15

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
時の罠(アンソロジー) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる