Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS 武道館(朝井リョウ)

<<   作成日時 : 2015/07/08 15:25   >>

トラックバック 2 / コメント 4

「きた!」
タイトルを見た瞬間、そう思ったのでした。なんかね、上手くいえないけど、これは私的にすっごくすっごく読みたかった1冊という感じです。もちろん、朝井さんで、ってことですよ。そして、「武道館」には何度か行ったことがあるので、なんとなーく親近感みたいなものを感じたタイトルでもありました。そんな訳で、手元に届くのを心待ちにしていましたが、ようやく読めました。

面白かった!一気読み。
毎回、書いてるような気がするんだけど、朝井さんってなんでここまで女の子の心情を分かるの!?って思っちゃいます。そして、20代男子に心をえぐられる、いい年したおばちゃんがここに〜(笑)もうね、本当にね、読んでる間中、イタカッタ。のです。心にツキツキきました。

小さい頃からアイドルに憧れて、オーディションに受かりアイドルグループの一員となった愛子。幼馴染の大地やグループのメンバーとの関係、ファンから求められること、アイドルとしてやってはいけないこと、やらなければならないことなど、本当に様々なことがあって、読みながら「なんか大変だなぁ・・・」とシミジミ思いました。いくら、やりたくてなったアイドルでも、「だって自分で選んだ道でしょ」と簡単には片付けられないよなぁと思いました。10代の女の子が生きていくにはホント大変な世界だよ。

でも、現実に”アイドル”はいるんですよね。この小説に登場したような女の子がたくさん。これを読んだらね、もう”アイドル”してるだけで尊敬しちゃいますよ。そして、TVの中でニコニコ笑っていても、どれだけのことを抱えているんだろうと思うと、切なくなってしまいます。そうまでしても、”アイドル”としていたいのか。・・・まぁ、だからこそ、頑張ってるんでしょうけどね。

それにしても、ネット社会の怖さを改めて感じた1冊でもありました。たった一枚の写真が、ポロリとこぼれたその一言が、これまで築きあげてきたものを一気に壊していく。壊れていく。それを、どうやっても止められない。そして、壊れてしまったものは、もう元には戻らない。あの努力は、信頼関係は、一体何だったんだろうと読んでるこちらが悲しくなっちゃいました。そして、それは小説の中だけでなく、現実社会でも起こっていることなんですよね。私もこうやってブログで発信してますが、何がどう誰かの心に刺さるのか分からないという怖さは、いつも感じています。なので、辛口感想をUPする時は、か〜な〜り〜ドキドキしてるんですよー。でも、「嘘は書かない」というのは最初に決めたことなので、感じたことをそのまま書くというスタンスは守ろうと思っています。もちろん、言葉は選んでるつもりですけどね・・・。どうかな、大丈夫かな。これ打っててドキドキしてきました;;;



「でも、三歳とか四歳の私も、そうしていたんです。十八歳の私がそうしている写真だけが、ここに載っているんです。」
「大地の試合を観に行くのも、同じ学校に通っているのも、お互いの家を行き来するのも、私がアイドルになるずっとずっと前から変わらないことなんです。」
(p283)


一枚の写真から、愛子にとっては辛い展開になったけれど、そばにいて欲しかった人が、ずっとそばにいてくれたようで、それは良かったなぁと、ラストシーンを読みながら思ったのでした。


これから、TVの中でニコニコ笑ってる女の子たちを見て、切なさで胸が一杯になりそうです。彼女たちの笑顔を、素直に受け止められるんだろうか、そんな思いもちょっぴりあります。でも、心から笑ってる子達もきっといるんだと、そう信じるしかないのだと、そんなことも思ったのでした。

よく知ってるようで実はよく知らない世界。とても興味深く読みました。と同時に、「アイドル」に求められること、その多さ、ファンの身勝手さなど、改めて考えさせられる1冊でもありました。



(2015.06.29 読了)




武道館
文藝春秋
朝井 リョウ

Amazonアソシエイト by 武道館 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「武道館」  朝井 リョウ
武道館 【正しい選択】なんて、この世にない。 結成当時から、「武道館ライブ」を合言葉に活動してきた女性アイドルグループ「NEXT YOU」。 独自のスタイルで行う握手会や、売上ランキングに入るための販売戦略、一曲につき二つのパターンがある振付など、さまざまな手段で人気と知名度をあげ、一歩ずつ目標に近づいていく。 しかし、注目が集まるにしたがって、望まない種類の視線も彼女たちに向けられる。 「人って、人の幸せな姿を見たいのか、不幸を見たいのか、どっちなんだろう」 「アイドルを応援してくれてる人って... ...続きを見る
BOOKESTEEM
2015/07/08 23:31
武道館 朝井リョウ
武道館著者:朝井 リョウ文藝春秋(2015-04-24)販売元:Amazon.co.jp 【正しい選択】なんて、この世にない。 結成当時から、「武道館ライブ」を合言葉に活動してきた女性アイドルグループ ... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2015/07/11 23:19

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは〜!
私もこの本は見つけたときからビビッときて、珍しく買いに走りました。
いやぁ。。おもしろかったですね。本当に、朝井さんの観察眼にはいつも驚かされます。きっといろんな視点で客観的に普段から物事を見てるんだろうなぁ、、と。

アイドルでなくても、今やネットで炎上、なんてよく聞きますし、時代とはいえ、なんだか少し恐ろしいですね。
アイドルなんて格好の標的というか、なにせやっぱり目立ちますしね。ただマイナス面だけじゃなくてアイドルが放つキラキラしたパワーみたいなものも余すことなく書かれていて、本当におもしろかったです。朝井さんもいずれ読破したい作家さんです・・!
yoco
URL
2015/07/08 23:36
>yocoさん
おぉ、ご購入されたんですね!私は図書館本でした^_^;でも、文庫化されたら買おうと思っています。

朝井さんの観察眼ってホント凄いですよね〜。尊敬してしまいます。
私はついマイナス面ばかりに目がいっちゃって、感想もそちらの比重が多くなってしまったんですが、確かにキラキラパワーについても書かれていましたね!どちらの面も書いてあるからこそ面白く読めたんだよなぁと、yocoさんのコメントを読んで改めて感じました。
すずな
2015/07/09 12:54
こちらのコメント遅くなりました。すみません^^;
ホント、アイドルヲタな朝井さんだから書ける作品だろうなと思いました。でも、ここまで女性の心情を書けるなんてホント異常ですよね←実際のアイドルの方々もびっくりしてましたもん^m^
でも、今のアイドルは本当に大変だろうなと思います。SNSの怖さを改めて感じました。
苗坊
2015/07/11 23:24
>苗坊さん
いえいえ。こちらの方こそ、お返しコメントが遅くなりましたm(__)m
異常(笑)でも、たしかにそう思っちゃうくらい女性の心情が上手く書かれていますよねぇ^_^;私より理解されてるのかも・・・とか思っちゃいます。実際のアイドルの方も驚いていたなら、なおさらですね。ホント凄いですねぇ・・・。
ネットが普及して、瞬時に日本中いや、世界中に情報が拡散されていく時代にアイドルやるって本当に大変なことなんだろうなぁと思いました。
すずな
2015/07/13 12:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
武道館(朝井リョウ) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる