Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS 火星に住むつもりかい?(伊坂幸太郎)

<<   作成日時 : 2015/03/24 05:38   >>

トラックバック 0 / コメント 0

うわ、怖い。
なんというか、ちょっとこれは・・・。と、言葉が出ない、そんな感じです。


伊坂作品は、例えば国家とかの大きな組織に対抗する一市民というような作品が多いという印象で、読みながら怖いなーと思うことも多かったんですよね。このお話も基本的にはそういう感じなんだけど、今までの伊坂作品のようにスカッとするラストとはちょっと違ってました。読み終わっても、スカッとするより怖いなぁという気持ちの方が大きかった。読みながら、本当にこんな社会になるかもしれない、そんな思いがじわじわと湧き上がってきて・・・。リアリティがあったというんでしょうか。なんとも不安な気持ちになりました。

伊坂作品というと、すっとぼけた感じでユーモアがある文体に魅力を感じてるんですが、その要素が少なかったかなぁという印象です。それよりも、じわじわとやってくる恐怖が・・・。あと、ギロチンでの公開処刑とかね、想像するだけで、かなり引いてしまいます。ましてや、それを一般市民がある意味ワクワクしながら見守る・・・怖いよ。集団心理って本当に怖いなぁと思います。と、今は思ってる私だって、実際にその場に居たらどうなるか分からない。そんな恐怖や不安が湧いてきて、余計にマイナスな気持ちになってしまったのかもしれません。


・・・と、なんだか重い感想になっちゃいましたが。

だからといって、面白くなかった訳ではないんですよ!そこはそれ、伊坂さんですからね。先へ先へと読ませる魅力は健在で、ぐんぐん読んでしまいました。まさかのラストに「あの人がーっ!?」と、思わず叫んでしまったりもしたし、ね。

でもね、そんな風に驚いたけど、同時にあの人には怖さも感じたかな。たしかに、内部から変えなきゃというのはあるけれど、でも、その為なら、変わるまでは目を瞑るのか、彼は瞑れるんだなぁと思ったら、ね。そんな人とは、助けられたら感謝はするかもしれないけれど、極力、お付き合いはしたくないなぁと思いましたです。はい。


あれ、なんだかまた重くなってきたような(笑)

まぁ、なんですかね。今回はスカッという気持ちにはなれず、重い気分のまま読了しちゃって、ちょっと残念だったということですね。
・・・むーーーん。



(2015.03.20 読了)






火星に住むつもりかい?
光文社
伊坂 幸太郎

Amazonアソシエイト by 火星に住むつもりかい? の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
火星に住むつもりかい?(伊坂幸太郎) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる