Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS 神さまたちの遊ぶ庭(宮下奈都)

<<   作成日時 : 2015/02/23 16:39   >>

トラックバック 1 / コメント 2

福井から北海道のトムラウシに移り住んだ宮下家の1年間を綴ったエッセイ。


あぁ、宮下さん、いいなぁ。やっぱり好きだなぁ。
・・・と、そんなことを思いながら読みました。エッセイが苦手な私が、”苦手”だということを一度も感じることなく最後まで読めたというのは、それはそれは、とーっても貴重なことです(笑)読了後、エッセイというより、小説を読んだような気分になりました。そう、まさにあの「大草原の小さな家」を読んだ時と同じような気持ちになりました。←本書を読んだ人にはわかる(笑)

なんといっても、面白かった!もうね、笑った、笑った!最初から最後まで、なんでこんなに笑えるんだ!?と思えるくらい笑いっぱなしの1冊でした。宮下家の子供たちの言動に笑い、その子供たちへの宮下さんのツッコミに爆笑。てか、宮下さんのツッコミが素晴らしかった。もうね、笑いのツボを押されまくり〜でした。

北海道の大自然に囲まれたトムラウシ。寒さ厳しい土地での暮らしは、笑えることばかりではなく、逆に大変なことの方が多かったんじゃないかと思うんだけど、そんなことを感じさせず、逆に「私も暮らしてみたい!」と思わせる魅力あふれる言葉の数々が綴られています。実際、とても魅力溢れる土地ではあると思うんですけどね。山村留学してきた家族が何家族も、そのまま移住してしまっているようだし、宮下家の人々だってトムウラシでの暮らしに凄く未練があるようだし。

でもね、なんといっても、その寒さが凄かった。読んでで、ひえぇぇ〜〜〜っと思ったのが「コンタクトレンズが凍った」というところ。まつ毛が凍るのは、まだ予想がつく範囲内なんんだけど、眼に入れているコンタクトまでが凍るって、それって、それってーーーっ!?と、読みながら慄きました。コンタクト愛用者で、その上、寒さの苦手な私にとって、それだけでトムラウシでの暮らしは無理だと思わせるに十分でありました。夏ならまだいいけど、冬は無理だわ、きっと。

と思いつつ、そんな暮らしを楽しめる宮下家の人々のことを、ちょっと羨ましいなぁとも思ったりしたのでした。


たーっくさん笑ったけれど、時々挟まれる鋭い言葉にハッとさせられることもありました。それは、やぱり物書きとしての宮下さんだからこその言葉なのかなぁとも思ったんですが。笑いっぱなしの中にあって、その言葉のひとつひとつにピリッと身の引き締まる思いがしたりして、それがこのエッセイの良いスパイスとなっていたように思います。


こんなに気にしているなんて、きっと息子たちは思わないだろう。思わなくていい。親の心配なんて知らなくていいんだよ。知ったら何もできなくなっちゃうからね。(p107)

特に印象に残っているのは、学校行事で中学生の息子さんたちが一泊で登山に向かったときの宮下さんの言葉。数年前の夏に遭難事故が起こった山。全国ニュースでも報道され、私も覚えてる。そんな山に登った息子たちを心配するあまり、登山口近くまで様子を見に行ったりした宮下さん。そんな宮下さんが最後に綴った言葉なんですが、親としての強さと子供たちへの深い愛情が感じられて、しゃきっとした気持ちになりながら、じ〜んとしたのでした。

あと、なっちゃんのことも印象に残っている出来事のひとつ。宮下さんご自身の体調についてもなんだけど、自分の心や身体って分かっているようで、分かってないのかもしれないんだなぁと思いました。でも、心と身体が一致しないと、どこかにその歪みが現れる。その現れた歪みを見逃さず、それと向き合えるようにならなきゃなぁと、そんなことも思ったのでした。


最後は、なんだかじわじわときて、気が付いたら涙が溢れていました。すっごく楽しく読んでいたので、自分でも泣いていることにびっくりしちゃった(笑)何が、とは上手く言えないんだけど、心の奥のひだひだにじんわり響くものがありました。

読み終わって、表紙を撫でながら「あぁ、素敵な本を読めたなぁ・・・」としみじみと浸ったのでした。でも、なんだか名残惜しくって、何度も何度も、何度も、パラパラとページをめくっては読み返したりして。そんなことの繰り返しで、その夜はなかなか寝られなかったのでした。

こういう読書体験は久々だし、それがエッセイでというのは初めての経験でした。
この本を読めて本当良かった。



(2015.02.19 読了)



**追記**

読了後に思ってもみなかったような驚きの出来事がありました。それは、とてもとても嬉しい出来事で、あわあわと焦りまくりながらも、ふわふわと舞い上がってしまったのでした。
素敵な本を読んだ後に、すごく嬉しい出来事があって、もうね、本当に忘れられない作品となったのでした。
ありがとうございました。


何があったの!?と思ってる方もいらっしゃるとは思いますが、それはね、私の心の奥に大切に仕舞っておきたいので、内緒ということで、ひとつ宜しくです(笑)





神さまたちの遊ぶ庭
光文社
宮下 奈都

Amazonアソシエイト by 神さまたちの遊ぶ庭 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
神さまたちの遊ぶ庭 宮下奈都
神さまたちの遊ぶ庭著者:宮下 奈都光文社(2015-01-16)販売元:Amazon.co.jp 北海道を愛する夫の希望で、福井からトムラウシに移り住んだ宮下家五人。TSUTAYAまで60キロ、最寄りのスーパーま ... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2015/03/19 22:48

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは^^
宮下さんらしい素敵なエッセイでしたねー。
変わった旦那さんも面白いし^m^お子さんたちも本当に素敵で、ずっと読んでいたいと思いました。
でも素晴らしいところだけじゃなく厳しさもたくさん書かれているのが良かったですよね。
あの登山遠足のくだりは私も感動しました。
なっちゃんのことは私も印象深いです。読んでいて辛かったですが最後はほっとしました。
苗坊
2015/03/19 22:49
>苗坊さん
素敵なエッセイでしたよね!
旦那さんもお子さんも味があって、面白くって!私もずっと読んでいたいと思いました。
登山遠足のところは、宮下さんの親としての愛情が伝わってきてじんわりしましたね。そして、なっちゃんのことは私も読んでて辛かったですが、最後は良かったなぁと思えて嬉しかったです。
すずな
2015/03/23 12:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
神さまたちの遊ぶ庭(宮下奈都) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる