Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS つちくれさん(仁木英之)

<<   作成日時 : 2015/01/06 12:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

長野県警を退職した元刑事の福沢は、遺跡から見つかった女性の遺体をめぐる事件をきっかけに「つちくれさん」と呼ばれる考古学者と出会う。二人は事件の真相を追うが・・・。


うん、面白かった。
元刑事と考古学者という組み合わせも面白かった。二人もだけど、考古学者の秘書も個性的でキャラクターでも楽しませてもらいました。

「土が教えてくれる」という考古学者の言葉に「ホントかなぁ・・・」とか、ちょっと意地悪なことを考えながら読んだんだけど、へぇ〜なるほどねぇと思うこともあったりして、そういう部分も興味深く読めました。

事件の真相については、そこまであっと驚く!ということは無かったし、トリックについても思い当たる節があったので、そういう部分で考えるとミステリ的にはちょっと弱いのかなぁ。でも、私はそんなことはあまり気にならずに読めたんですよね。途中で「もう、寝なきゃー」と思いつつも、そこでやめられなくって最後まで一気読みしちゃったし。

人が死ぬという血生臭い事件が発端で、最後も悲しいものではあったんだけど、なんだかちょっとほっこり出来るような雰囲気のお話でした。

これシリーズ化するのかな。僕僕先生とはまた違った魅力があって、続編が楽しみです。



(2015.01.03 読了)




つちくれさん
朝日新聞出版
仁木英之

Amazonアソシエイト by つちくれさん の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
つちくれさん(仁木英之) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる