Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS 営繕かるかや怪異譚(小野不由美)

<<   作成日時 : 2015/01/31 06:45   >>

トラックバック 1 / コメント 2

ホラー短編集。

各短編のタイトルページを一目見て、「うわ、これは夜は読めない。昼間に読もう・・・」と思い直して、寝る前に読むのは止めましたよー。いや、怖いって。特に各短編のタイトルの書き方には恐怖心が湧いてしまいますよ;;;
・・・と、怖がりなのに、ホラー系にもついつい手を出しちゃうんですよねぇ。なんなんでしょうね。。。


古い家屋に引っ越した主人公が怪異に出会い、それを営繕かるかやの尾端さんのアドバイスを受けてリフォームしていく・・・というお話。

どれも、最初は怖いんですよ。最初は「あれ、おかしいなぁ・・・」という感じだったのが、だんだんと気のせいではなくなっていく。じわじわと恐怖が湧き上がり、得体のしれないモノに怯える日々。主人公の女性たちと一緒に、恐怖を味わいました。怖かったー。

と、かなり怖かったんだけど、営繕かるかやの尾端さんが登場すると、いともあっさりと解決されてしまう。その後は、「めでたし、めでたし」な感じが、なんとも拍子抜けでして。いや、怪異が無くなったのはいいんだけど、「え、これで終わり!?」みたいな、ね。まぁ、怖がりな私としては、読み終わっても恐怖感が残ることが少なかったので良かったんですが、あまりにもあっさりと解決しすぎちゃって・・・。尾端さんにも、もうちょっと活躍してほしかったなぁと思ったし。短編だから、そこはしょうがないのかな。もうちょっと何か・・・と思ってしまうのは、読者の我儘なんでしょうか。

怪異が起こった経緯というのが、切ないものが多かったのも、そこまで恐怖感を引きずることがなかった理由かな。特に「異形のひと」「檻の外」は哀しい出来事が発端だったので、理由が分かると怖いよりも切ない気持ちの方が大きくなってしまいました。どうか、安らかに・・・と願わずにはいられません。





・奥庭より
・屋根裏に
・雨の鈴
・異形のひと
・潮満ちの井戸
・檻の外


(2015.01.30 読了)




営繕かるかや怪異譚
KADOKAWA/角川書店
小野 不由美

Amazonアソシエイト by 営繕かるかや怪異譚 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
営繕かるかや怪異譚 小野不由美
営繕かるかや怪異譚著者:小野 不由美KADOKAWA/角川書店(2014-12-01)販売元:Amazon.co.jp この家には障りがある―住居にまつわる怪異を、営繕屋・尾端が、鮮やかに修繕する。心ふるわす恐怖 ... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2015/01/31 21:27

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは^^
私もついこの間読んだんですよ〜。
今回は怖いというより切ない話が多かったかなーと思います。すずなさんが挙げられた2作は私も挙げました。
本当に切なくて悲しくて…
尾端さんがいったい何者なのかというのも気になりました^^
苗坊
2015/01/31 21:23
>苗坊さん
またまたタイミングが一緒でしたね!
切ないお話が多かったですよね。ホラーと思って覚悟して読んだので、途中であれ?と思ってしまいました(^-^;
挙げた2作はすごく切なかったですね。。。
そして、尾端さん!何者なんでしょうね〜。もうちょっと詳しく知りたくなりました。
すずな
2015/02/01 11:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
営繕かるかや怪異譚(小野不由美) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる