Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS 八月の六日間(北村薫)

<<   作成日時 : 2015/01/29 05:42   >>

トラックバック 2 / コメント 4

40歳目前、文芸誌の副編集長をしている女性が、休みの度に山に登り、心が少しずつ救われていく・・・そんな連作集。


実際にはそんなに簡単なものじゃないと分かっていても、この小説を読んでいると、ついつい「うわー私も山に登ってみたーい!」と思っちゃいます。そして、「私でも登れそうだなぁ・・・」と勘違いしちゃいそうになります。だって、山についての魅力が満載だし、主人公は同年代だし。出来そうな気持ちになっちゃうのも無理はないと思うんですよねぇ。

・・・と、テンションが上がったんだけど、小説の最後にきちんと注意書きがしてありました。私のような勘違い者が出ないような配慮ですね(笑)

登山に向かう前の準備の様子が描かれてるんだけど、そこで主人公がチョイスするのが文庫本とおやつ。その携行食の数々が美味しそうで!甘いもの、辛いものの組み合わせに、「うわ、それ私にもくれー!」と何度も思いました(笑)そして、文庫本のチョイスもね、なるほどーと思ったり、それ読んでみたいなぁと思ったりしました。


3年前に別れた恋人に想いを残す主人公は、その想いを振り払うかのように休みになると様々な山に登る。槍ヶ岳や常念岳、冬には雪山ツアーに参加したり。山の魅力に接したり、登山を通じて知り合った人と触れ合ったりしながら、その想いが少しずつ変化していく。昇華していくって感じかな。最後に、偶然にもかつてに恋人と再会するんだけど、そのシーンが印象的でした。心穏やかに再会できて良かったなぁと思いました。


--思い通りの道を行けないことがあっても、ああ、今がいい。わたしであることがいい。(p203)

という言葉が印象に残っています。思わず涙腺がゆるんじゃいました。私もそんな言葉がスルリとこぼれる様な、そんな境地に辿り着きたい。



・九月の五日間
・二月の三日間
・十月の五日間
・五月の三日間
・八月の六日間




(2014.07.03 読了)



八月の六日間
KADOKAWA/角川書店
北村 薫

Amazonアソシエイト by 八月の六日間 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
八月の六日間 北村薫
八月の六日間著者:北村 薫KADOKAWA/角川書店(2014-05-29)販売元:Amazon.co.jp 40歳目前、文芸誌の副編集長をしている“わたし”。ひたむきに仕事をしてきたが、生来の負けず嫌いと不器用さ ... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2015/01/31 00:52
「八月の六日間」 北村 薫
八月の六日間 40歳目前、文芸誌の副編集長をしているわたし。 仕事は充実しているが忙しさに心擦り減る事も多く、私生活も不調気味。 そんな時に出逢った山の魅力にわたしの心は救われていき……。 じんわりと心ほぐれる連作長編。 ◆◆◆ 私が山に登り始めたのは、4年前からです。 体力も運動神経もない私が、富士山に登ってみたいというミーハー心で始めた山登り。 年に2、3回のペースですが、ゆるくゆるく登っています。 今回泊まりで山に行くにあたり(結局は、雨の都合で日帰りの山に変更になりましたが)、ずっと気に... ...続きを見る
BOOKESTEEM
2015/09/07 22:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは^^
北村さんの本を読むのがとても久しぶりでした^^面白かったです。ただ、この本を読んでも私は山に登りたいとは思いませんでした^^;私、山登りほんっとうに苦手なんです^^;上り坂が苦手で。
じゃあなんで読んだんだっていう感じですが主人公が山に登ることでいろんな自分の想いを清算しているのがいいなと思いました。
そして文庫とおやつのチョイス!私もそこが好きでした^^
私も旅行へ行くときは文庫本を2,3冊持っていきます。それを選ぶのもまた楽しかったりするんですよね。
苗坊
2015/01/31 01:00
>苗坊さん
実は私も山登りは苦手なんですけど、この本を読んだら登りたくなっちゃったんですよねぇ(^^;さすがにすぐに思い直しましたけど(笑)
山に登ることで自分の気持ちと向き合って清算していく姿が良かったですね。やはり、文庫本とおやつのチョイスは気になりますよね〜。
私も旅の時には文庫本を持っていかないと落ち着かないんですが、苗坊さんと違ってほとんど読まずに帰宅してしまいます(^^;
すずな
2015/02/01 11:24
こんばんは
こちらの記事を読んでずっと私の「読みたいリスト」に入れていたのですが、やっと読めました。
山登り、毎回登り始めてすぐに後悔するんですが、それでもこういった本を読むとちょっと山登りっていいかも。。と思ってしまいますが、それでも主人公の登るような山はレベルが高すぎてとてもとても・・
それでも本は疑似体験ができるからなんだかお得な気分です。
yoco
URL
2015/09/08 00:13
>yocoさん
わ〜嬉しいコメントをありがとうございます!
山登りをされるんですね。もうそれだけで私的には凄いことです!
読書って、こんな私でも登山した気分になったり、他にも色んなことを体験した気分になれるので良いですよね〜。ホントお得な気分になりますね。
すずな
2015/09/09 12:33

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
八月の六日間(北村薫) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる