Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS 物語のおわり(湊かなえ)

<<   作成日時 : 2015/01/23 16:25   >>

トラックバック 2 / コメント 4

面白かった!

「空の彼方」という未完の短編から始まり、その短編が北海道を旅する人々の手に次々と渡っていくという連作短編集。

最初の短編を読んだ時、一昔前の文体もだし内容もイマイチで、おまけに中途半端な終わり方で未完という、本当になんだかなぁ・・・な物語で、これはちょっと大丈夫?と、自分と湊さんに突っ込みを入れたんですよね。まさかの短編集?ってこともあって、読了出来るかなと、いきなり不安になりながら次の短編を読み始めたんですが・・・。


いやいや、いやいや。湊さん、ほんっとーに、ごめんなさーいっ!と平謝り。最初の短編はその後のお話の為の振りだったんですね。連作集になってたんですね。うわー、挫折しなくてホント良かった・・・としみじみ思いましたです、はい。短慮はいかんよ、うん。

・・・と、ちょっと動揺してますが(笑)


妊娠中の女性、実家のかまぼこ工場を継ぐことになった男性、娘と進路のことで衝突している男性などこれからの人生に対して様々な思いを抱えて北海道を旅している人々。そんな職業も年齢も性別もバラバラな人々の間でバトンのように受け渡されていく未完の短編「空の彼方」。だれかの日記のようでもあるその物語を読み、それぞれが自分の抱えた思いを反映し、自分なりのエピローグを想像していく。そして・・・。

主人公が変わる度に、「空の彼方」のあらすじが書かれているんだけど、立場や抱えている思いによって、こんなにも変わるものなのかと驚きました。どこに焦点を当てるかで、ずいぶんと変わるもんなんですねぇ。それらを比べて読むのも面白かった。そして、それぞれに合わせて変化をつけた湊さんも凄いなぁと思いました。

未完の短編を受け取った人々が、それぞれに物語の結末を想像していく。想像というか、願望だったりもするんだけど、こちらも、抱えた思いによって違ってくるんですよね。そういう作業をしながら、自分の思いを消化というか、昇華していく。そして、一歩を踏み出していく。あぁ、こういう読書が出来ると嬉しいなぁと思いました。今の私だったら、この「空の彼方」という物語にどんな結末を創るかなぁ・・・と、そんなことを想像したりもして。いつもの読書とは、ちょっと違った読み方も出来た作品でした。

次々に人の手に渡っていく物語は、やがて・・・。
最後のお話は、もうね、そうきたかーっ!と唸ってしまいましたよ。うわ、そういうこと!?と、分かった途端、テンションがあがりました。そして、未完の物語の本当の結末もちゃんと書かれていて、最後は思わず涙腺が緩んでしまいました。ハムさんって、なんて素敵な男性なんだ!と、絵美ちゃんがとっても羨ましくなりました。


心に沁みるお話でした。
・・・って、湊作品の感想じゃないみたい(笑)




・空の彼方
・過去へ未来へ
・花咲く丘
・ワインディング・ロード
・時を超えて
・湖上の花火
・街の灯り
・旅路の果て



(2015.01.21 読了)





物語のおわり
朝日新聞出版
2014-10-07
湊 かなえ
amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 物語のおわり の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
有川浩「キャロリング」/湊かなえ「物語のおわり」
どうもみなさま、少々ご挨拶が遅れましたが、新年あけましておめでとうございます。 年末年始はいかがお過ごしでしたでしょうか。 ワタクシめは、例年通り、元旦深夜に初詣に行って、二日に初売り(福袋!)に行って、 三日はスーパー銭湯でゆったり過ごして、四日に毎年恒例の七福神巡りをしてきました。 いやー、休みってほんとあっという間ですねぇ。 久しぶりの仕事はほんと辛かった・・・(ToT)。 ちなみに、元旦に引いたおみくじは・・・ 凶 でした・・・しーん。 確かに、年明けからあんまりツイてない... ...続きを見る
ミステリ読書録
2015/01/29 23:45
『物語のおわり』/湊かなえ ◎
北海道を旅する人たちの間に受け渡されていく「空の彼方」という未完の物語。読んだ人々はそれぞれに自分だったら・・・、と『物語のおわり』を思い描く。彼らは、それぞれ心にわだかまりを持って旅に出たのだが、物語に心を添わせることがそのわだかまりを溶かすきっかけとなる。 そして、未完の物語は廻り廻って・・・。 いつもの湊かなえさんとは、ちょっと違った感じになりましたが、構成のうまさはさすがですねぇ。短編それぞれに解決があり、次へ繋がり、最後につながる先での、結末。最後まで、目が離せませんでした。... ...続きを見る
蒼のほとりで書に溺れ。
2016/01/02 20:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
なかなか凝った構成の作品でしたよね。リドルストーリーってあんまり好きではないんですが、こうやってそれぞれが想像したひとつの作品の『その後』が読めるのは面白かったです。
ハムさんがいい人なのかそうでないのかいまいちつかめずにいたのですが、最後に明かされた真実を知って、心が温かくなりました。
湊作品とは思えないくらい、読後感の爽やかな作品でしたね(笑)。
べる
2015/01/29 23:50
>べるさん
構成が凝ってましたね〜。それぞれが想像した「その後」は、人によってこんなに違ってくるのかと驚きつつ楽しく読めました。
最後は本当の「その後」が読めて、ハムさんが優しい人だったんだと分かって私も嬉しかったです。

ホントに湊作品じゃないみたいな読後感でしたよねぇ(笑)
すずな
2015/01/30 12:36
すずなさん、あけましておめでとうございます(^^)。
あはは、私も「湊さんらしくないな〜」と思いながら読んでました(^_^;)。
それぞれの思いから、全く違った要約と結末を描くことが、とても面白かったですね。
出来たら旅人達の「その後」も知りたいなぁ、なんて思ったりして。
ラストの「旅路の果て」、とてもよかったです!

今年も、色んな本のお話をさせて頂きたいです。
よろしくお願いします(^^)。
水無月・R
2016/01/02 20:18
>水無月・Rさん
あけましておめでとうございます!早速のご挨拶ありがとうございます。
こちらこそ、今年もどうぞ宜しくお願いいたしますm(__)m

湊さんのイメージとちょっと違いますよねぇ(笑)
読む人によって読み方が違ったり、描いた結末が違ってて面白かったですよね。受け取り方って千差万別なんだなぁと改めて思ったりしました。旅人たちの「その後」も知りたいですねぇ。
すずな
2016/01/04 15:18

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
物語のおわり(湊かなえ) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる