Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS 壁と孔雀(小路幸也)

<<   作成日時 : 2014/12/26 12:49   >>

トラックバック 1 / コメント 2

警視庁SPの土壁は仕事上で負傷し、その休暇を利用して両親の離婚で別れたままになっていた亡き母のお墓参りに赴いた。北海道の母の実家はその町を支配する名家で、現在は祖父母と異父弟が住んでいた。その弟は母を殺したのは自分だと言い、自ら座敷牢に篭っていたのだが・・・。


あらすじだけ読んだら、小路さんには珍しく緊迫したドキドキのミステリーかと思いました。たしかに、ミステリー色も強かったですが、小路さんらしい優しく穏かな雰囲気があって、なんというんでしょうか、心がそこまで乱れることなく最後まで読めた、そんな作品でした。

とはいえ、母の死の真相やら、町で母の実家が果たしてきた役割など、ピリリとした部分もあって、そういう意味では、とても読み応えのあるミステリーだったなぁと思います。

いつも、小路作品は面白いんだけど、好きなんだけど、もうひとつ何かが・・・って思うことが多かったんだけど、この作品は、そういう気持ちは全くなくって、本当に面白かったー!と思えました。




・・・って、タイムラグがあるから、読了後の興奮を上手く書けないのが残念です;;;反省。。。




(2014.10.31 読了)






Amazonアソシエイト by 壁と孔雀 (ハヤカワ・ミステリワールド) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
壁と孔雀 小路幸也
壁と孔雀 (ハヤカワ・ミステリワールド)著者:小路 幸也早川書房(2014-08-22)販売元:Amazon.co.jp 警視庁SPの土壁英朗は仕事の負傷で休暇を取り、幼い頃両親の離婚で別れたまま2年前に事故 ... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2014/12/29 12:40

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは^^
SPという仕事とあらすじから何だかハードボイルド風をイメージしていたんですが、そんなことはなく^m^小路さんらしい穏やかで、でもハラハラドキドキする展開で読んでいて面白かったです。
苗坊
2014/12/29 12:55
>苗坊さん
私も今回の作品は小路さんにしてはハード系?と思ったんですが、読みだしたらそんなことはなくって。半分、ホッとしながら読みました(笑)
でも、ハラハラドキドキしちゃいましたね!面白かったですね。
すずな
2014/12/31 06:05

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
壁と孔雀(小路幸也) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる