Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS Burn.(加藤シゲアキ)

<<   作成日時 : 2014/09/16 05:39   >>

トラックバック 1 / コメント 2

ピンクとグレー」「閃光スクランブル」に続く「渋谷サーガ」3部作の最終章となるらしい本作。前2作と同様、芸能界を舞台にした作品でした。


天才子役だったレイジが出会った、ホームレスとドラッグクイーン。彼らと関わるうちにレイジは人間らしい心を取り戻していくが、ある事件をきっかけに、その頃の記憶を失くしてしまう。あの時、何が起こったのか。30歳と10歳のエイジが交互に描かれ、20年前の記憶を徐々に取り戻していくレイジの姿が描かれる。

ホームレスの徳さんやローズさんの人間的な素晴らしさはよく分かったし、レイジが素晴らしい人たちと出会えたのも良かったなぁと思いました。徳さんの最後は壮絶で、10歳の子供が記憶を失くすのも無理はないなぁとも思いました。切なかった。悲しかった。

・・・と、いろんな感情も湧き上がってきて、良かったとは思うんですけどね。思うんですけど、今作は、その良かったに”そこそこ”という言葉がついちゃいます。

なんでしょう。登場人物ひとりひとりに、もうちょっと深みが欲しかったなぁと、そんなことを思っちゃったんですよね。なんだか薄っぺらい、そんな印象を受けました。もう少し、掘り下げて欲しかったというか、ね。物足りなさを感じてしまいました。


とはいえ、この著者さんの作品は結構、好きなので、次作に期待です。もうずっと書いてますが、次は芸能界から離れた作品を読みたいです。



(2014.05.13 読了)







ちょっと辛口になっちゃった。ファンの方々から激しいクレームがきたらどうしよう。ドキドキ。でも!この作品をアイドルではなく作家さんが書いたものとして読んだ正直な感想なので、変える気はないんだけどね・・・。でも、やっぱりどきどきしちゃうなぁ。。。




Burn.‐バーン‐ (単行本)
KADOKAWA/角川書店
加藤 シゲアキ

Amazonアソシエイト by Burn.‐バーン‐ (単行本) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Burn.‐バーン‐ 加藤シゲアキ
Burn.‐バーン‐ (単行本)著者:加藤 シゲアキKADOKAWA/角川書店(2014-03-21)販売元:Amazon.co.jp オススメ! 機械のようにさめきった天才子役・レイジが出会ったのは、魔法使いのようなホーム ... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2014/09/17 22:10

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いやそこまで辛口じゃないと思いますよ^^;ビビっちゃう気持ちは分かりますが。悪口を書いているわけじゃありませんし。って私はNEWSファンではないので責任は持ちませんけど^m^←
私は3作の中で1番好きでした。なによりどんどん文章が上手くなっているなぁと思いました。もうアイドルの作品ではないですよね。
すずなさんもおっしゃっていますが、私も芸能界以外のシゲさんの作品もこれから読んでいきたいなと思います^^書いてほしいですね。
苗坊
2014/09/17 22:12
>苗坊さん
そ、そうですか^_^;もちろん、悪口を書いてるつもりは全くないんですけど。でも、ジャニーズ関係者について発言するのは、結構ドキドキします;;;
文章は、本当に上手くなってますよねー。すごく努力されてるんでしょうね。普通に作家さんの作品として読んでます。
次作こそは芸能界とは違った物語を読みたいですね。
すずな
2014/09/18 12:50

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
Burn.(加藤シゲアキ) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる