Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS 雪月花黙示録(恩田陸)

<<   作成日時 : 2014/07/08 12:55   >>

トラックバック 3 / コメント 6

ちょっとした手違いで、この作品をいつ読んだのか分からなくなってしまいました;;;たぶん、ソチ五輪のどさくさに紛れちゃったみたいなんだけど、ね。ということで、これは2月に読んでいたらしい・・・。他にも抜けてるかも?と調べてみたら、1冊は判明。他にもあるかもしれないんだけど、ちょっと分からなかった(ガックリ;;;)

と、前置きが長くなってしまいましたが・・・。


*****

いや、もうねー!恩田さんってば、やってくれちゃったわねー!というのが正直なところ。まさか、学園SFアクションものとはね。・・・って、それってどんなの!?と突っ込まれそうなんだけど。でも、ホントにそんな感じなんですもん(笑)タイトルからして、しんしんとじわじわくる和風ホラー系?と思っていたら、想像とは全くかけ離れたもので驚きました。ぶっ飛びました!ってのが正しいかな(笑)前はこういう感じの青春SF物も書かれてたと思うんだけど、ここまでぶっ飛んではなかったような気が・・・。

とにかく、最近の恩田作品からするとかけ離れ過ぎてて最初は驚きますが、個人的にはこういうノリも好きです〜(笑)ラノベというより、アニメというかパロディというか・・・。もうね、ここまできたらグダグダ言わずに、のっちゃうのが勝ちだと思うんですよね。ということで、「及川道博」なんてキャラが登場したら大爆笑しつつ、最後までついていくしかありませんです(笑)いや、このキャラが登場した時はホントに笑った。恩田さん、ここまでやっちゃっていいのー!?と、ちょっと心配になりつつ、かなり楽しませてもらいました。

大和文化を信奉する「ミヤコ民」と物質文明に傾倒する「帝国主義者」に二分された日本。二つが対立しているところに第三の勢力「伝道者」を名乗るものが現れるが・・・。

・・・って、あらすじを書いても意味分からないというか、この作品の雰囲気は伝えられないなぁ。これだとシリアス戦闘ものみたいですが、実際はかなりパロディ寄りです、はい。

なんといっても、ミヤコに住む高校生の蘇芳、萌黄、紫風の3人が良かった!美女剣士の姉妹に美青年の生徒会長ですもん。まさに少女マンガの世界です(笑)シリアスなものも好きですが、こういうのも大好きな私はワクワクしながら、か〜な〜り〜楽しませてもらいました。


・・・と、ハイテンションで読み終わろうとしたんだけど!けどっ!

な、な、なんですかーっ、このオチはっ!!!!

まさかまさかの、「はいっ!?」なオチにガックリと肩を落としてしまいました。そういや、冒頭もそれらしき感じだったわねぇと見返して、またまたガックリ;;;

恩田さん、そりゃないよーっ!と悲鳴のようなクレームを入れたくなりましたです。まぁ、今までも、こんな感じのオチが多かったような気がするけどさぁ。恩田さんらしいといえばらしいのかもしれないけどさぁ。でもなぁ・・・。はぁ・・・。

本体(?)自体はすっごく面白かっただけに、こういうオチにはして欲しくなかったなぁというのが正直なところ。まぁ、アリかナシかと言えば、これもアリだとは思うんだけどね。でも、やっぱりちょっと残念です。。。



(2014.02 読了)




雪月花黙示録 (単行本)
KADOKAWA/角川書店
恩田 陸

Amazonアソシエイト by 雪月花黙示録 (単行本) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『雪月花黙示録』/恩田陸 ○
恩田陸さんて、こういうのも書くんだぁ〜。びっくり〜。 なんか、しんしんと怖い・・・、っていうイメージだったので、ハイテンションに突き抜けた未来型ハイパーアクションな物語に、度胆を抜かれました。 面白かったんで、結構すごい勢いで読んじゃいましたよ、『雪月花黙示録』。 ...続きを見る
蒼のほとりで書に溺れ。
2014/07/08 15:13
雪月花黙示録 恩田陸
雪月花黙示録 (単行本)著者:恩田 陸KADOKAWA/角川書店(2013-12-25)販売元:Amazon.co.jp 私は高校生の蘇芳。いとこの紫風(美形なうえに天才剣士!)が当選確実の生徒会長選挙を控えたある日、選 ... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2014/07/08 20:20
読了本三冊。
どうもみなさま、こんばんは。 ようやく春めいて来ましたね〜。今年の冬は本当に寒かった(><)。 日差しの温かさにほっとする今日このごろです。 桜の開花ももうすぐですね。 さて、今回の読了本は三冊。今回は全くタイプの違う三冊になりました。 ではでは、一冊づつご紹介〜。 柚木麻子「その手をにぎりたい」(小学館) 最近人気絶好調の柚木さん最新作。バブル期まっただ中のOL青子が主人公。 東京の家具メーカーで三年間事務OLをしていた地方出身の青子は、事情があって故郷に ... ...続きを見る
ミステリ読書録
2014/07/13 00:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
すずなさん、こんにちは(^^)。
ハイパーアクションでしたなぁ(笑)。
楽しくって、ガツガツ読んじゃいましたよ♪
ただ、私もあの〆はちょっと…。
色々興味深いネタが回収されないまま物語が終わっちゃってるので、ぜひ壮大な続編を希望します(笑)。
水無月・R
URL
2014/07/08 15:17
こんばんは^^
いやー壮大でしたね〜。
面白くて私もがつがつ読みました。
でも最後…
いや、すんごい気になる展開なのにページ数が少ないから予感はあったんですけどね〜^^;
過程が面白くて結末があれれっていうのは恩田作品はよくありますがこれはちょっともったいなかったです。
私も壮大な続編を期待します^^
苗坊
2014/07/08 20:22
>水無月・Rさん
私も楽しくってガツガツ読みました!でも、ラストはちょっとねぇ;;;でしたけどね^_^;
壮大な続編!読んでみたいですね〜♪オチは、もうちょっと考えて欲しいですけどね(笑)
すずな
2014/07/10 12:44
>苗坊さん
なかなかのボリュームでしたが、壮大で面白くって私もガツガツ読みました(笑)面白かったですね!
ただ、やっぱりあの結末は・・・。まぁ、恩田さんらしいといえばそうなんですけど、ちょっと残念でしたね。
続編、読みたいですね!
すずな
2014/07/10 12:50
恩田さん、設定とかキャラとか考えるのが楽しくて、それが膨らみ過ぎて、最終的にオチの収拾がつかなくなっちゃったんですかねぇ(苦笑)。
小説で読むより、漫画とかアニメとかにした方がはまりそうな作品でしたね。
あのオチは、私もずっこけました。あれはいらないですよね・・・。
べる
2014/07/13 00:05
>べるさん
あ〜恩田さん、楽しかったんだろうなぁと思える内容&オチでしたね(笑)おっしゃるように、漫画やアニメの方がはまりそう!見てみたいです。
それにしても、あのオチはねぇ…ねぇ(^^;

すずな
2014/07/13 09:56

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
雪月花黙示録(恩田陸) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる