Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS 長女たち(篠田節子)

<<   作成日時 : 2014/07/07 12:53   >>

トラックバック 0 / コメント 0

独身の長女を主人公にした3編。

いや〜これはねぇ。。。
登場する主人公と同じように独身長女としては、身につまされるというかね、なんというかね・・・。いや〜これはキタなぁ・・・。

3編が3編とも「さすが、篠田さん!」と言いたくなるようなお話でした。えげつなくて、赤裸々で、やるせなくて、切なくて。なんか色んな感情がぐちゃぐちゃに入り乱れるような、そんな感じ。読んでいるとしんどくなるんだけど、でも、読むのは止められない。辛かったぁ。でも、面白かった。

3編とも重かったけど、最初の「家守娘」は特に印象的でした。痴呆が始まった母親の介護の為に、恋人とも別れ仕事も辞めなきゃいけなくなったりというのは、”自分もそうなるかもしれない”という怖さがありました。でも、仕事を辞めてしまったら、どうやって生活していけばいいのか・・・。今は母も元気で飛びまわっていますが、いつかそういう選択をしなきゃいけない時がやってくる可能性は大きい訳で。そう考えると不安で堪らない気持ちになります。すごーくリアリティがありました。

他の2編も、いつ私の身にも同じことが降りかかってもおかしくないという不安。日々、見ない振り、考えないようにしていたことを、どどーんと目の前に突き出されたような気持ちになって、読むのが本当にしんどかったなぁ。まぁ、とはいえ、最後の「ファーストレディ」に関しては、自業自得だし!とも思えて、父親や弟の一見クールな言動の方が共感できたけどね。

「私は母の所有物じゃない」若い時は特にその思いが強かったんだけど、そう思ってるのは自分だけじゃないんだなぁと、ちょっとホッとした部分もあった。そういや、最近は、そんなことを思ってイライラすることもなくなったなぁと気づいたりもして。オトナになったというか、諦めの境地に至ったのか・・・(笑)ま、精神的には良いことなので、いいけどね。




・家守娘
・ミッション
・ファーストレディ


(2014.03.30 読了)




長女たち
新潮社
篠田 節子

Amazonアソシエイト by 長女たち の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
長女たち(篠田節子) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる