Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS ひこばえに咲く(玉岡かおる)

<<   作成日時 : 2014/05/08 12:55   >>

トラックバック 0 / コメント 0

実在の画家と彼を傍らで支えた女性、そして、りんご畑の納屋に眠っていた絵に光を当てたギャラリーのオーナーのお話。

待ちに待った玉岡さんの新刊は青森県の画家のお話でした。玉岡さんは実在の女性にスポットを当てて書かれるというイメージがあったので、男性作家というのはちょっと驚きでした。とはいえ、主人公はギャラリーのオーナーである香魚子だったのかなとは思うんだけど。

画家であるケンと彼を「オヤブン」と慕うフク。そして、パリに住む恋人との不倫関係を続ける香魚子。3人の関係が、というか、二人と出会った香魚子が彼らを見つめながら変わっていく姿を追うのも楽しかった。・・・楽しかったというと、ちょっと語弊があるかな。

ケンとフクの関係も、そうなんだろうなぁと予想できたんだけど、深いところで繋がってしまってはしょうがないのかなと思う。ケンの家族のことを思うと、手放しで応援は出来ない気持ちにもなるけどね。

実在の人物である常田健さん。青森にある土蔵のアトリエ美術館を機会があれば訪ねてみたいなぁと思いました。



(2014.01.01読了)

*うわー!この作品は元旦に読んだんだ!すーっかり忘れていてビックリした(笑)




ひこばえに咲く
PHP研究所
玉岡かおる

Amazonアソシエイト by ひこばえに咲く の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ひこばえに咲く(玉岡かおる) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる