Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS ルリユール(村山早紀) 

<<   作成日時 : 2014/05/05 05:31   >>

トラックバック 2 / コメント 2

切ないけど、優しい。そんな素敵な物語。

夏休みを祖母の家で暮らすために”風早の街”にやってきた中学生の瑠璃。そんな彼女が出会ったのは、どんな本でも魔法のように修復する造本師のクラウディアさんだった・・・。

タイトルの「ルリユール」というのは、フランス語で手工芸的な製本技術のことなんだそう。ということで、本好きにはちょっと堪らない1冊でした。

村山作品の多くの舞台となっている風早の街なので、もちろんファンタジー要素も万遍なく、瑠璃が出会ったクラウディアさんもちょっとミステリアスな存在。内容もさることながら、彼女の正体って、本当は・・・とそっちの方もすごく気になりながらの読書となりました(笑)

村山作品らしく、優しいながらも、リアルな切なさや悲しみを感じて胸がぎゅーっと痛くなる。でも、読了後にはほっこり温かい気持ちになれる1冊でした。

続編が読みたいなぁ・・・。



(2013.12.16読了)




ルリユール (一般書)
ポプラ社
村山 早紀

Amazonアソシエイト by ルリユール (一般書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ルリユール 村山早紀
ルリユール (一般書)著者:村山 早紀ポプラ社(2013-10-11)販売元:Amazon.co.jp オススメ!黒猫工房では、あなたの大切な本を修復いたします。魔法のような手わざ、傷んだ過去の思い出も、 ... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2014/05/05 12:58
村山早紀 「ルリュール」
JUGEMテーマ:読書感想文&amp;nbsp; ...続きを見る
こみち
2014/09/25 22:53

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
私村山さんの作品って2冊目なんです。しかも1冊目は風早という町が舞台ではなかったので初めてでした。そうか、よく出てくる街なんですね。
ルリユールというタイトルですぐに読みたい!と思っちゃいました^^「ルリユールおじさん」という絵本があるのをご存知ですか?本の製本の仕方が細かく書かれていて面白いですよ^^機会がありましたら是非。
瑠璃もクラウディアも素敵な女性でした^^二人とも心がとても綺麗でした。
瑠璃が活躍するお話をまたみてみたいなと思います。
苗坊
2014/05/05 13:07
>苗坊さん
風早は「コンビニたそがれ堂」シリーズの舞台となっている街なのです。他の作品でもありますけど。宜しければ、ぜひ、お手に取ってみてください!

その絵本は知らなかったです。すごーく興味があります。今度、探してみますね!
続編、読みたいですねー。読めるといいですね。
すずな
2014/05/06 15:49

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ルリユール(村山早紀)  Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる