Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS 金色機械(恒川光太郎)

<<   作成日時 : 2014/04/28 05:45   >>

トラックバック 1 / コメント 2

待ちに待った恒川ワールドを堪能!
・・・と、言いたいところなんだけど、今作はちょっと雰囲気が違ってました。

なーんと!時代は江戸時代なんだけど、思いっきりSFじゃなですかーっ。タイトルまんまの金色機械の「金色様」というロボットが登場。まさか、恒川作品で”ロボット”が登場するとは思わなかったので本当にビックリしました。「え!?モロSFなのっ!?」って感じですよ。いや〜驚きました。

でも、だからと言って、以前の恒川ワールド色が全くないかというと、そうではないんですよねぇ。読了後には、切なさや優しさや、なんとも言えない不思議な雰囲気を味わえたなぁとしみじみしちゃいました。恒川ワールドをしっかり堪能できたという満足感に浸れました。

触れるだけで相手の命を奪う恐ろしい手を持つ少女や、幼い頃に山賊に拾われた男など、金色様と関わる人々はもちろんですが、機械なので感情はないはずの金色様の悲哀までもがじわじわと伝わってきて、すごく心に沁みました。

分厚い本で、そのボリュームに最初は慄きましたが、一日で一気読み。ページをめくる手を止められなかった。もうね、「久々に読書したー!」という気持ちになれました。

すごーく面白かった!



(2014.12.01読了)






金色機械
文藝春秋
恒川 光太郎

Amazonアソシエイト by 金色機械 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
『金色機械』/恒川光太郎 ◎
え〜と、・・・C3PO?!(笑)。 『金色機械』というタイトルから、もっと違うものを想像してたら、ホントまんま金色のヒューマノイドタイプのロボットだったので、ついつい<スター○ォーズ>のあのロボットを思い出して笑ってしまったじゃありませんか。いや、全然あんなコミカルな存在じゃないですけどね、金色様は。 「月の世界から来た」という金色様を主軸に、遊郭の主・熊悟朗と熊悟朗を訪ねてきた不思議な女・遥香の、異能を散りばめた物語です。 かなり分厚いんですけど、それぞれ別々の視点から語られる色ん... ...続きを見る
蒼のほとりで書に溺れ。
2014/04/29 21:54

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
すずなさん、こんばんは(^^)。
金色様はロボットだったけど、長い長い年月をずっと永らえて主家の人々を見送ってきた孤独は、とても切ないものでしたよね。
人と人ならぬものとの物語、とても面白かったですね♪
水無月・R
URL
2014/04/29 22:15
>水無月・Rさん
今までの恒川作品とは趣が違ってましたが、面白かったですよね!
ロボットだと分かっていても、金色様の孤独を思うと切なくなってしまいますね。
すずな
2014/04/30 12:31

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
金色機械(恒川光太郎) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる