Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS はるひのの、はる(加納朋子)

<<   作成日時 : 2014/03/26 12:33   >>

トラックバック 1 / コメント 2

加納さんの“小説“が読める!もうね、それだけでも本当に嬉しかった。それなのに、それが「ささら」シリーズってのが、もうね、嬉しさ倍増でした。

ということで、「ささら」シリーズ最終巻。…前2巻の内容をびみょーに忘れてるような気がするのは気のせい、気のせい(笑)ま、最終巻と言っても、前作を読んでなくても大丈夫だったけどね。

幼いころから人には見えないものを見ることができるユウスケ。そんなユウスケが出会ったはるひという女の子。その女の子と関わりながら月日はながれていく。春から夏へ、夏から秋へ、秋から冬へ。ユウスケは成長していき、ある少女と出会う・・・。

相変わらず、不思議で優しくて暖かい物語でした。最初は短編集のようだったんだけど、最後の章でそれらが繋がっていくのが圧巻。思わず涙してしまいました。

うん、良かった。
いつになるのか分からないけれど(笑)、時間が出来たら「ささら」シリーズを最初から読み返してみたいです。


(2013.10.読了)




はるひのの、はる
幻冬舎
加納 朋子

Amazonアソシエイト by はるひのの、はる の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
はるひのの、はる 加納朋子
はるひのの、はる著者:加納 朋子幻冬舎(2013-06-27)販売元:Amazon.co.jp オススメ! ある日、僕の前に「はるひ」という女の子が現れる。初めて会ったはずなのに、なぜか彼女ば僕の名前 ... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2014/03/26 21:11

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは^^
ホント加納さんの作品は出版されるだけで嬉しいですねー。本当に加納さんらしい素敵な作品でした。
私も過去の作品は微妙に忘れていましたが^^;大丈夫でしたよね。
これで完結なのが寂しいですが、この作品を読むことが出来てよかったです。
苗坊
2014/03/26 21:15
>苗坊さん
加納さんの新作!というだけでテンションが上がりましたね〜♪それも、本当に素敵な作品だったのでますます嬉しくなりました。
確かに、これで完結というのはちょっと寂しいですね。いつか、また会えるといいですねぇ・・・。
すずな
2014/03/27 12:45

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
はるひのの、はる(加納朋子) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる