Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS 珈琲店タレーランの事件簿2 彼女はカフェオレの夢を見る(岡崎琢磨)

<<   作成日時 : 2013/08/22 05:32   >>

トラックバック 2 / コメント 2

シリーズ2作目。

ミステリーというよりも恋愛小説かな、という印象だった前作。今作は、それよりはミステリーとしても楽しめたかなぁと思います。まぁ、相変わらず軽い感じではあるけどね。

タレーランの女性バリスタ美星の妹、美空が大学の休みを利用して京都にやってくる。ただの「観光」のはずがちょっと様子がおかしく、気付いた美星が問いただすと・・・。

美星の妹である美空が登場し、この巻では二人の家族について、生い立ちについても語られる。そういう意味では興味深いかな。いくつかの謎解きもありましたが、それはまぁ、それなりに。でも、先にも書いてますが、前巻よりは楽しめたので良かった。

美空の人探しから始まった最後の事件は、ちょっと意外な展開でした。まさか、そうくるとは!と驚いた。おまけに、美空とアオヤマの関係も「は?なにそれーっ!」と叫びたくなるような展開になってビックリ。まぁ、これはね、すぐに誤解が解かれたんだけどね。なんか、唐突過ぎて、そっちの方に驚いた。

そういえば、気になったのは主人公アオヤマの口癖かなぁ;;;「んぐぁ」って・・・ねぇ。この言葉ひとつで手軽さというか、そんなものを感じさせたいのかもしれないんだけど、アオヤマの普段の言動や雰囲気からして、どうしてもシックリこない感じがするんだけど。私が気にしすぎなのかなぁ。この口癖は要らないような気がします。。。


そういや、前巻でアオヤマはある目的を持って、美星バリスタの元に通ってたんですよね。そっちの方はどうなったんでしょうね。この巻では、それに関しての記述は全くと言っていいほど無かったような気がしますが。あれはもう、今後、語られることはないんでしょうか。それとも、シリーズとして続くような雰囲気なので、そのうち・・・と大事に温められてるのかな。どっちにしても、気になります。



実はこれ、病院の待ち時間で読んだんだけど、程よく軽い感じで、待ち時間に読むのにはピッタリの作品でした〜。





・プロローグ 彼女の夢
・第一章 背景 未来様
・第二章 狐の化かんす
・第三章 乳白色のハートを壊す
・第四章 珈琲探偵レイラの事件簿
・第五章 (She Wanted To Be)WANTED
・第6章 the Sky Occluded the Sun
・第七章 星空の下で命を繋ぐ
・エピローグ 彼女はカフェオレの夢を見る


(2013.08.02読了)








テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
珈琲店タレーランの事件簿2 彼女はカフェオレの夢を見る 岡崎琢磨
珈琲店タレーランの事件簿 2 彼女はカフェオレの夢を見る (宝島社文庫)著者:岡崎 琢磨宝島社(2013-04-25)販売元:Amazon.co.jp 京都の街にひっそりと佇む珈琲店“タレーラン”に、頭脳明晰 ... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2013/08/28 21:25
小説レビュー〜岡崎琢磨〜『珈琲店タレーランの事件簿』60万部突破(ノ)`ω'(ヾ)
壁]´Д`*)。たいへんよく挽けました壁]´Д`*)。このブログはきゅーの日常を描いたものなのだ 最近コーヒーミステリーを読んだのだ(ノ)・ω・(ヾ)むにむに『珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を』(ノ)゚ω゚(ヾ)珈琲店タレーランの事件簿 また会えたなら、あなたの淹れた珈琲を (宝島社文庫 『このミス』大賞シリーズ)新品価格 ¥680から(2013/11/17 ... ...続きを見る
きゅーのむにむに日和(ノ)・ω・(ヾ) ...
2013/12/23 12:09

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
今回は前回のアオヤマ君の謎が解明されないままでしたね。面白かったといえば面白かったのですが、私もその効果音嫌いでした^^;
違和感たっぷりですよねー。
苗坊
2013/08/28 21:26
>苗坊さん
アオヤマについて、もうちょっと掘り下げてというかね、書いて欲しかったですよね。
あの効果音は違和感ありまくりですねぇ;;;
すずな
2013/08/30 12:48

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
珈琲店タレーランの事件簿2 彼女はカフェオレの夢を見る(岡崎琢磨) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる