Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS ガソリン生活(伊坂幸太郎)

<<   作成日時 : 2013/06/09 07:15   >>

トラックバック 2 / コメント 4

面白かったーーーーっ!
面白くって一気読みしちゃったんだけど、読み終わるのが勿体無いくらい面白かった。「あぁ、伊坂さん、好きだなぁ・・・」と改めて思った作品でした。

2011年11月から2012年12月まで朝日新聞夕刊にて連載されていた作品。とはいえ、我が家は地方のど田舎で夕刊が無い(!)地域なので、朝刊に載ってましたけどね;;;・・・えぇ、そうなんです。実は新聞連載時に読んでたんです!・・・と、胸を張って言いたい気持ちは山々なんですが、新聞連載って毎日ちょこっとずつしか読めないんですよね。そういうのがどうにも性に合わないらしくすぐに挫折しちゃいました(笑)なので、これがほぼ初読みでした。といいつつ、現在、朝日新聞で連載されている宮部みゆきさんの小説は頑張って読んでますけど。・・・でも、まどろっこしくってしょうがないです;;;そのうち挫折しそうです。。。

それにしても、この連載が始まったのって11月だったんですねぇ。もうちょっと早い時期だったような気がしてました。というのも、この年の3月に東日本大震災が発生していて、仙台在住の伊坂さんの安否も含めてアレコレ心配してた時にこの新聞連載を知って、「ご無事だったんだ!」とホッとしたんですよね。なので、もうちょっと早い時期、夏くらいだったような気がしてました。勘違いですね;;;

・・・って、前置きが随分と長くなってしまいましたが;;;


主人公は自動車。望月家所有の緑色のデミオくん。この緑デミが、望月家の家族を乗せていて遭遇した事件を語るという形になっています。望月家の家族構成は母親と大学生の長男・良夫、小学生の次男・亨、高校生の長女・まどかの4人。主に運転手の良夫と弟の亨の様子が語られる。

この弟の亨がオトナでねぇ(笑)大学生のお兄ちゃんが圧倒されっ放しってのが、これまた面白さを倍増させてました。大人相手の交渉事も、「良夫よりも亨にしゃべらせろー!」と何度も突っ込みを入れたくなったくらいでした。でも、良夫も好青年って感じで、個人的にはかなり好感度は高かったですねー。て、伊坂作品って、こういう人物が多いかな。ちょっと頼りない感じなんだけど、すっごく良い人で、すんごい危機に直面しても、するりするりと危機を乗り越えていくって感じ。ドキドキさせられつつ、それ以上にワクワクさせてもらえるんですよね。今回も、そんな感じで楽しませてもらいました。

車同士の会話も面白かった。駐車場で井戸端会議みたいなことをしてたり、道路でもすれ違いながら会話しちゃったり。でも、すれ違いながらだから、いいところで途切れちゃったりもして。うわ、もうちょっと聞かせて(読ませて)よーと思ったこともありました。

そうそう!駐車場のシーンで「オー!ファーザー」の由紀夫を始め父親達や母親がちらっと登場しまして、「おぉっ」とテンションがあがりました。本当にチラッとだし、ストーリーには全く影響がないんですけど、これは嬉しいサプライズでした。

良夫と亨がひょんなことから女優の翠を目的地に送り届けたことが発端となり、その後、事故死した翠の事件を報じた記者とのやりとり、そして、亨の同級生からのいじめ、まどかの彼が巻き込まれた事件と、いろんな出来事が絡まりあって行く様や、様々な伏線がここぞという場面で効いてきて、「それ!?」「そうきたか!!」と驚かされたりと、伊坂作品の魅力がいっぱいに詰まってるという作品でした。いや〜本当に楽しかった。読みながら、どんどんテンションが上がっていきました。

最後のエピローグでは「やっぱりそうなるのか・・・」と寂しく思っていたら、まさかまさかの大逆転ホームラン!って感じでして(大袈裟?)。「亨ってばエライっ!!」と大喝采を送りたくなりましたよ〜。このラストは、本当に、すごーく!嬉しかった。ラストの締め方も粋でしたね〜。

ほっこりなりながら読了。あぁ、伊坂作品を堪能したなぁとしみじみ。。。



・LOW
・Drive
・Parking
・エピローグ



(2013.05.18読了)




ガソリン生活
朝日新聞出版
2013-03-07
伊坂 幸太郎

Amazonアソシエイト by ガソリン生活 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ガソリン生活 伊坂幸太郎
ガソリン生活著者:伊坂 幸太郎朝日新聞出版(2013-03-07)販売元:Amazon.co.jp オススメ! 大学生の望月良夫は愛車のデミオ運転中に偶然会った女優の翠を目的地へ送り届けることに。 だが ... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2013/06/09 19:48
『ガソリン生活』/伊坂幸太郎 ◎
先日の『聖なる怠け者の冒険』に引き続き、実は本作『ガソリン生活』も、新聞連載時に読んでました。 こちらも加筆修正はありましたが、「え?全然違う話じゃん!」ってことはなく(笑)。 望月家の愛車、緑のデミオが遭遇した、驚きの連続の事件、とても楽しく読みました。伊坂幸太郎さんらしい、伏線がたくさん、会話が軽やか、気持ちよい読書タイムとなりました♪ ...続きを見る
蒼のほとりで書に溺れ。
2014/02/16 11:31

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは^^
伊坂さんらしいスカッとする作品でしたねー
また主人公が車っていうのが素敵です。
マツダさんのHPでこの本が宣伝されていましたよ^^会社側も嬉しいですよね。
ミドリデミなんて虫みたいな色で嫌だなと思っていたのですが^^;一気に欲しいなに変わりました。

亨が本当にしっかりしたいい弟でしたね。
最後の最後もなんていい仕事をしてくれたのでしょう。
笑顔で読み終えることが出来ました。
苗坊
2013/06/09 19:49
>苗坊さん
伊坂さんの魅力が詰まった作品でしたね。
マツダさんのHPですか!それは、後で覗なくちゃ!私も欲しくなりましたよ〜。物語の力って凄いですね(笑)

亨が最後までナイス!でしたね〜。うふふふ♪と笑顔で読了出来たのは嬉しかったですね。
すずな
2013/06/10 15:34
すずなさん、こんにちは(^^)。
新聞連載、読み続けるの辛いですよねぇ(笑)。
自分のペースでダ〜って読みたいのと、細かい盛り上がりよりはどーんと大きく盛り上がる方が面白いのと、ありますもんね。
私も今、宮部作品を頑張って読んでます(^_^;)。

『オー!ファーザー!』の面々が出てきたときは、嬉しかったですね。
私は良夫の〈いい人〉っぽさが好きでした♪
水無月・R
2014/02/16 11:36
>水無月・Rさん
新聞連載を読み続けるのは辛いですよね;;;でも、私も宮部作品は頑張って読んでますよー!いよいよ佳境〜って感じですね。

オー!ファーザー!とのリンクは嬉しかったですよね〜。ちょっとだけでしたけどね(笑)
良夫のいい人っぽさに、まさに伊坂作品の登場人物だなぁと思いながら読みました。私も好きでしたよー。

すずな
2014/02/26 12:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ガソリン生活(伊坂幸太郎) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる