Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS ある奴隷少女に起こった出来事(ハリエット・アン・ジェイコブズ)

<<   作成日時 : 2013/05/26 07:23   >>

トラックバック 0 / コメント 0

1820年代にアメリカのノースカロライナ州で、奴隷として生きた女性の自叙伝。
あまりにも衝撃的過ぎる内容からフィクションだと思われ封印されていたが、150年の時を経て発見され実在した少女の記録であると分かったことで、世界的ベストセラーとなった作品。


タイトルとあらすじの内容から、ある程度の覚悟を持って読んだんだけど、覚悟が全く足りませんでした;;;これは、確かにフィクションだと思われてもしょうがないかも、と思ってしまいます。

日本から出た事がない私にとって、「人種差別」というのは、どこか別世界のような気がしています。もちろん、世界で起きたことが一瞬で映像として流れる現代ですから、耳にすることもあるし、目にする事もある。でもそれは、目の前で実際に見たり聞いたりしたことではないんですよね。だから、以前は白人社会の中で「黒人差別」が存在したし、「奴隷制度」というものがあったというのは歴史的事実として認識していても、今でもその差別意識は存在しているということを実感としてなかなか感じられなかったんですよね。昔はあったかもしれないけれど、今でもその差別意識が存在するということが信じられなかったというかね。心の底で、そういう気持ちがあったんですよね。

でも、この作品を読んで、こんなことが実際に行われていたんだとしたら、それはね、そう簡単に人々の意識から拭い去れることではないんだろうなぁと、そう実感しました。こういう事実があったんなら、今でも差別意識が存在するのも分かるし、そりゃ、根強く残ってしまってるんだろうな、と思わざるをえなかった。だからって、それを容認するかというと、それはまた別な話ですけど。

どうして同じ人間同士でこんなことが出来たのか、全く理解出来ない。でも、その当時、そこで暮らしていたら、私もそれを普通だと、当たり前だと思ってしまっていたんでしょうか。想像するだけで、ゾッとする。


過酷な状況の中で生きながらも、主人公のリンダ(ハリエット)はこの状況から抜け出そうと必死に闘う。その意志の強さと勇気には、ただただ脱帽。不屈の魂にひれ伏すしかありませんでした。



(2013.05.11読了)




ある奴隷少女に起こった出来事
大和書房
ハリエット・アン・ジェイコブズ

Amazonアソシエイト by ある奴隷少女に起こった出来事 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
ある奴隷少女に起こった出来事(ハリエット・アン・ジェイコブズ) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる