Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS 光る牙(吉村龍一)

<<   作成日時 : 2013/05/13 14:47   >>

トラックバック 0 / コメント 0

北海道日高山脈を舞台に森林保護官と日本最強の獣である羆との死闘を描いた物語。


「ぶたい」と打って変換すると、まず「部隊」と変換される私のPCは最近の読書傾向が現れているような(笑)これってどうよ?一応、女子なんですけどね〜とつぶやいてみる。

冗談はおいといて。

森林保護官としての仕事のあれこれが読めるのかなぁと思っていたら、もうね、最初から最後まで羆との戦いを描いた作品でした。と、読み始める前に想像してた内容とはちょっと違ってましたが、これはこれで楽しめたので良しって感じかな。

なんと言っても、羆との死闘場面はドキドキハラハラさせてもらいました。もうね、心臓バクバクしちゃいましたよ。著者さんが元自衛隊員ということで、そういう場面の描き方が上手かったんでしょうか。作品のボリュームもそこまでなかったというのもあって、就寝前に「ちょっとだけ・・・」と思って読み始めたのに、結局、最後まで一気に読んでしまってました。

ベテラン保護官と新人保護官のコンビも良かったし、羆の知性や執念も相まって、迫力ある死闘シーンの連続に緊張しっぱなし。まさに”手に汗握る”読書となりました。

と、保護官と羆との戦いは迫力あったんだけど、それ以外の部分がもうちょっとかなぁという感じでして。人間の方をもうちょっと書き込むとかね、深みといえばいいのかな、そういう部分がちょっと物足りなかった。森林保護官としての仕事についても、もうちょっと詳しく知りたかったなぁというのが正直なところです。

あとですね、冒頭のカメラマンが最後にカメラに収めた写真はどうなったんでしょうか〜。どこかでチラッとでも触れて欲しかったなぁとそんなことも思ったのでした。



(2013.04.27読了)




光る牙
講談社
吉村 龍一

Amazonアソシエイト by 光る牙 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
光る牙(吉村龍一) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる