Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS 海の見える街(畑野智美)

<<   作成日時 : 2013/04/09 12:32   >>

トラックバック 3 / コメント 4

連作中篇集。初読み作家さん。図書館を舞台にした作品と知って読んでみました。涙腺崩壊!とまではならないけれど、じんわり沁みる物語でした。


海の見える図書館で働く20〜30代の男女4人。隠したい過去を抱えていたりして、人と関わる事が苦手な人たちばかり。そんな4人が、図書館(や児童館)で一緒に働くうちに、少しずつ心を開いていって、それぞれの距離が近づいていくが・・・。

移り変わる四季を4人が交代で語っていく形式で一年が過ぎていく。1年って短いようで長いんだよなぁと、改めて感じたりしました。最近は特に、あっという間に1年が過ぎちゃうんですよね;;;気が付くと、今年もすでに4月で1年の4分の1が過ぎてしまってるんですもん。この3ヶ月、何にもしないで過ぎたような気がするんですが、思い返せばそれでも色々なことがあって、悶々としたり、凹んだり、ちょっと嬉しかったり、まぁ、色々な気持ちにもなったなぁ・・・なんてことを思い返してみたり。

・・・って、話が逸れちゃいましたが;;;

1年って人が変わるのに十分な時間だし、誰かと関わり関係を深めていくのにも十分な時間なんだよな、ということを改めて感じたのでした。

それにしても、それぞれが抱えていた過去がどれもこれも重いものばかりで・・・。文章的にはサラリと書いてあるので、読んでる間はそこまでズズンとくることはなかったけれど、こうして改めて思い返してみると、かなり重かったなぁと思うし、今頃になって衝撃を受けてしまったりもします。そりゃ、トラウマみたいになってしまうのもしょうがないかなぁとも思えるんだけど、でも、松田にはちょっと引いてしまいました;;;まぁ、一線は守ってたから良かったけどね。とはいえ、あのラストはちょっとねぇ;;;と思ってしまいます。結局、松田だけは、過去にがんじがらめにされて逃れられないってことなんでしょうか。彼だけが救いがなかったようで後味の悪さが残ってしまいました。まぁ、リアリティがあるといえばあるんでしょうけど・・・。

その反動もあって、ラストの本田と春香ちゃんは嬉しかった。「え、こんなので終わっちゃうの!?」と思ってたので、あのラストに「そうこなくっちゃ!」と思いましたよー!良かったです。

ちょっとしたモヤモヤを感じたり、想像してたような「涙腺が緩んじゃう」的なことはなかったけれど、じんわり良さが沁みてくる作品でした。



・マメルリハ
・ハナビ
・金魚すくい
・肉食うさぎ


(2013.03.23読了)



海の見える街
講談社
畑野 智美

Amazonアソシエイト by 海の見える街 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
海の見える街 畑野智美
海の見える街著者:畑野 智美講談社(2012-12-06)販売元:Amazon.co.jp この街でなら、明日が変わる。海が見える市立図書館で働く20、30代の4人の男女を、誰も書けない筆致で紡ぐ傑作連作中 ... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2013/04/09 21:56
「海の見える街」畑野智美
畑野智美「海の見える街」を読みました。 海辺の街の図書館と児童館に働く若い男女4人の心の動きを描いた連作短編。 ...続きを見る
心に残る本
2013/10/03 21:56
「海の見える街」 畑野智美
海の見える街 (講談社文庫) 海の見える市立図書館で司書として働く31歳の本田。 十年間も片想いだった相手に失恋した七月、一年契約の職員の春香がやってきた。 本に興味もなく、周囲とぶつかる彼女に振り回される日々。 けれど、海の色と季節の変化とともに彼の日常も変わり始める。 注目作家が繊細な筆致で描く、大人のための恋愛小説。 ◆◆◆ あらゆる恋愛は、特別だ。 海の見える街の市立図書館で働く31歳の男性司書。 同僚で本が友達な26歳の女性司書。 そこに派遣でやってきた天真爛漫な女性と併設する児童館で... ...続きを見る
BOOKESTEEM
2016/02/13 23:30

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
この作品良いですよね!あらすじを読んで舞台が図書館だということを知って読んだんです^^私も初読み作家さんでした。4人の主人公たちの物語はなかなかヘビーでしたよねぇ。それでも成長していく姿が良かったです。最後も良かったですよね^^
でも、松田の最後だけちょっと納得できませんでした。
苗坊
2013/04/09 21:59
>苗坊さん
良い作品でしたね〜。図書館が舞台って知ると読まなくちゃ!という気分になりますよね(笑)
4人とも本当にヘビーな過去を持ってましたよね;;;でも、そんな4人が出会うことで少しずつ成長していく姿が感じられて良かったですね。
苗坊さんも松田のことは納得できなかったんですね!あれはどうなの?と思ってしまいますよね。
すずな
2013/04/10 12:34
こんばんは〜^^
私も読みました♫ じんわり滲みるいい物語でしたよね。
確かに思い返せば松田さんの過去とか、高校生の子には重すぎるできごとでしたね・・・^^;
春香ちゃんも凄まじい恋愛してきたし・・・でも今後は穏やかな恋愛ができそうで、微笑ましかったです。
ちょっと鈍い部分がある本田さんにはやきもきさせられることもあるのかもしれないけど、それでも幸せにやっていってほしいです。
1年ってあっという間ですが、本当に最初と最後ではみんな随分違うし、ちゃんと変われるんだな・・とじんわり思わせてくれた気もします。
yoco
URL
2016/02/13 23:30
>yocoさん
良いお話でしたね。
ただ、それぞれが抱えているものが重すぎて…。それでも、人は1年あれば変われるものなんだというのが良かったですよね。1年って短いようでいて、人が変われるくらいには長いものなんだなぁと感じた1冊でしたね。
すずな
2016/02/17 05:21

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
海の見える街(畑野智美) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる