Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS 何者(朝井リョウ)

<<   作成日時 : 2012/12/30 07:04   >>

トラックバック 5 / コメント 4

今年、大学を卒業されて社会人となられた著者。その著者が綴った就活生たちの物語。

あれ?あれれれれ?
・・・ってのが、先ず最初にきた。朝井さんの作品って、最後は胸がきゅーーっとなるってのが今までの読書パターンだったんだけど、今回はそこまではなかったなぁ。ということで、ちょっぴり残念。そんな印象でした。



ちょっとネタバレ、かな。
未読の方はご注意を。






うわ〜イタイ;;;主人公の独白調で語られる、就活生達の姿。読みながら、まぁよくぞここまで主人公の周りにイタイ人たちが集まっちゃったなぁ・・・と思いながら読んでたんだけど、実は一番イタイ人だったのが主人公だったとは!最後にそんなオチが待っているとは思いもしなかったので、「そうきたか!」と凄く驚きました。全く気がつかなかったよー。

それにしても、就活って本当に心身ともにズタボロになっちゃう感じですね;;;読んでるこちらが、息苦しくなるくらいでした。だから、第三者から見るとイタイ人ってなっちゃうんだけど、そんな風になるもの仕方ないのかなぁとも思いました。「仕方ない」って言い方はちょっと違うような気もするけど・・・。心身共に追い詰められて、必死にならない方がおかしい。でも、プライドが高ければ、そんな姿を隠そうとする方が必死になっちゃう訳で・・・。そんな彼らの姿を読みながら「うわーイタイ;;;」って思ってる自分が、本当は一番イタイ人なのかもしれないなぁと、そんなことも思ったのでした。


今回は、今までの作品のように、胸をぎゅーっと掴まれて切なさで堪らなくなるような、思わずホロリとしちゃうような、そんな作品ではなかったけれど、これはこれで面白かった。なによりも、朝井さんの新刊をこんなに早く読めるとは思ってなかったので、それだけでも嬉しかったなぁ。次作が楽しみ。・・・読者とはどこまでも貪欲なものです(笑)
そうそう!この作品を読んで、朝井さんのミステリーも読んでみたいなぁと思ったんですけどね。それはないかなぁ・・・。


(2012.12.13読了)




何者
新潮社
朝井 リョウ

Amazonアソシエイト by 何者 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(5件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
何者 朝井リョウ
何者著者:朝井 リョウ新潮社(2012-11-30)販売元:Amazon.co.jp 就活の情報交換をきっかけに集まった、拓人、光太郎、瑞月、理香、隆良。学生団体のリーダー、海外ボランティア、手作りの ... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2012/12/30 10:25
書籍「何者/朝井 リョウ著」就職活動間只中!彼らのその次が読みたい
書籍「何者/朝井 リョウ著」★★★☆ 朝井 リョウ著 , 新潮社、2012/11/30 (286ページ , 1.575 円) ...続きを見る
soramove
2013/02/21 07:31
何者
朝井リョウ 著 ...続きを見る
Akira's VOICE
2013/04/12 14:40
「何者」感想 朝井リョウ
桐島〜を読んだ時にも思った事ですが、人間観察の鋭さには目をみはります。 ...続きを見る
ポコアポコヤ
2013/05/17 08:34
『何者』/朝井リョウ ○
大学を卒業してもう、二十数年。就職氷河期に突入した頃だったなぁ・・・。 当時の就職活動はどうだったかもあやふやになった今、朝井リョウさんの『何者』を読むことになった。 いやあ・・・イタイね。大変、イタイ。 何がイタイって、結局キレイな人間なんていないんだよ・・・ということを斬りつけられ再確認させられたことですよ。 ...続きを見る
蒼のほとりで書に溺れ。
2016/08/17 09:01

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
今までの朝井作品とは違いましたけど、現代の就活をリアルに描いた素晴らしい作品だったと思います。就活を頑張っている人の中には空回りしてイタイ感じになってる5人みたいな人ってたくさんいると思います。自分も含め。
だんだん自分は何がしたいんだろうってよく分からなくなった心理が上手く書けているなと思いました。
ミステリ!良いですね〜^^社会人1年目で大変だと思いますが、ゆっくりでいいので書き続けてほしいですね。
苗坊
2012/12/30 10:57
>苗坊さん
今までの朝井作品とはちょっと雰囲気が違ってましたね。これはこれで良かったんですが、「泣く」覚悟をしていた私としては、ちょっとあれ?って感じでした^^;勝手に覚悟してた私が悪いんですけどね;;;
でも、自分が体験された事だからってこともあるんでしょうが、就活生の心理が上手く書けてましたね〜。相変わらず、20代のくせに(←言葉が悪いですね;;;)上手いなぁと思いました。
ミステリも出来ればいつか書いてもらいたいですね。
すずな
2012/12/31 06:56
すずなさん、おはようございます(^^)。
実は私、初・朝井リョウ作品だったんですが、必死すぎて痛々しい就活生たちを「観察」してたら、最後の最後に一番イタイのは私自身だということを思い知らされました。
朝井リョウさん、ひどい人だ!!でもほかの作品も読みたくなりました(笑)。
水無月・R
2016/08/17 09:05
>水無月・Rさん
おぉ、これが朝井作品初だったんですね!・・・でも、これが初というのは、それは、なんというか、なかなかでしたねぇ^_^;
うわーイタイ人ばっか!と思ってたら、そう思いながら読んでる自分が一番イタイ人じゃ・・・とグッサリ刺さるお話でした。
朝井さん、個人的にはとってもおススメです!是非、他作品もお手にとってみて下さい!
すずな
2016/08/23 12:40

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
何者(朝井リョウ) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる