Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS 私にふさわしいホテル(柚木麻子)

<<   作成日時 : 2012/12/25 12:35   >>

トラックバック 0 / コメント 2

東日本大震災チャリティー同人誌「文芸あねもね」掲載の短編「私にふさわしいホテル」の単行本化。掲載短編が1章目で、その後の加代子が綴られる。

「文芸あねもね」で読んだ短編が面白かったので、その続編と知って、すーっごく期待しながら読んだ。・・・んだけど、期待が大きすぎたからか、あれ?あれれれ?って感じでして。最初は良かったんですけどねぇ。章を追うごとに、なんだかなぁ;;;な展開になってきてしまって・・・。ちょっと残念な読書となってしまいました。

元アイドルと同時受賞という史上最悪のデビューを飾った新人作家が、次々と立ちはだかる壁に挫けることなく、持ち前の機転とバイタリティーで自分の道を切り拓いていく・・・というストーリー。

最初の3章くらいまでは、加代子にこれでもか、これでもかと降りかかる災難に「なんてことー!」と憤りながら、それにめげず突き進んでいく加代子の姿に声援と喝采を送りながら読んだ。ご都合主義と言われようと(笑)、加代子の機転で上手く進んでいくのが、ワクワクドキドキ出来て楽しかった。

それなのに、仲の良い作家仲間の方が実名で登場しだしたあたりから、だんだんと内輪ネタっぽくなってきてしまって・・・。なんていうんでしょうか、同人誌仲間だけでワイワイ盛り上がって、書いてる方だけが楽しい、みたいな。周辺仲間で盛り上がってるだけで、読者は置いてけぼり・・・そんな気持ちになってしまいました。

そんなこんなで、だんだんと冷静になってしまって、ご都合主義を笑い飛ばせなくなってしまったような、そんな心地で読了。うーーーん;;;

加代子と東十条とのバトルは面白かったんだけどなぁ・・・。

柚木さんの作品は面白くって、ずっと追いかけてきたんですが、どうもこれはシックリこないっていうか、最初のテンションが最後まで続かなくって残念な読書となってしまいました。
次作に期待です。




第一話 私にふさわしいホテル
第二話 私にふさわしいデビュー
第三話 私にふさわしいワイン
第四話 私にふさわしい聖夜
第五話 私にふさわしいトロフィー
第六話 私にふさわしいダンス


(2012.12.03読了)






私にふさわしいホテル
扶桑社
柚木 麻子

Amazonアソシエイト by 私にふさわしいホテル の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
お!と思ったのですが、その展開はちょっと残念……かな?(^^;
香桑
2012/12/25 14:18
>香桑ちゃん
私は、ちょっとだったけど、他の人が読んだらわからないよー^^;挑戦してみて(笑)
すずな
2012/12/26 12:44

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
私にふさわしいホテル(柚木麻子) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる