Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS なぜあの時あきらめなかったのか(小松成美)

<<   作成日時 : 2012/09/04 05:08   >>

トラックバック 0 / コメント 0

27人の一流アスリート達を取材。雑誌に連載されたルポルタージュ。


鈴木桂治(柔道)、吉田沙保里(レスリング)、青木宣親(野球)、遠藤保仁(サッカー)、荒川静香(フィギャスケート)、福見友子(柔道)、松田丈志(水泳)、柏原竜二(陸上長距離走)、潮田玲子(バドミントン)、丸山桂里奈(女子サッカー)、別府史之(自転車ロードレース)、田臥勇太(バスケットボール)、大畑大介(ラグビー)、入江陵介選手(水泳)、大田雄貴(フェンシング)、石川佳純(卓球)、長島圭一郎(スピードスケート)、長谷川穂積(ボクシング)、小林可夢偉(F1)、葛西紀明(スキージャンプ)、白鵬翔(相撲)、国枝慎吾(車いすテニス)、木村沙織(バレーボール)、三宅宏実(ウエイトリフティング)、本橋麻里(カーリング)、坂本勇人(野球)、五郎丸歩(ラグビー)

様々な分野のアスリート達が、ずらーっと名を連ねています。そんな彼らが、競技を続けていく中で壁にぶつかり、その壁をどうやって克服し、乗り越えてきたのか。

自分自身が壁にぶつかっていたり、迷っている時に読むと「負けずに頑張ろう」と思えるんじゃないでしょうか。私自身はそういう思いで読んだのではないんですけどね(笑)この本を目にしたのがちょうどオリンピック中だったんですよねー。パラパラ〜とページをめくったら、今まさにオリンピックに出場してる選手達が大勢、載ってたんですよ!おまけに著者が、サッカーの中田英寿さんについて色々と書かれていた小松さんということで、馴染みがあったの大きかったかなぁ。思わず手に取ってしまいました。

元々、やる方は全くダメなんだけど、観るのは大好きなスポーツ。なので、登場する選手達のほとんどは知ってました。おまけに、先にも書きましたがロンドンオリンピックに出場していた選手達も沢山、取り上げてあったので、読みながらテンションがあがりましたね〜(笑)

いくつかは知ってるエピソード?もあったんですが、どの選手(元選手)達も敗北や怪我、引退の危機など、様々な壁にぶつかりながらも、それでも負けずに頑張ってきてるんですよね。その精神力とか強さに脱帽です。根底には「その競技が好き」っていうのがあるんでしょうが、そんなことがあったのに、よくぞ諦めずに競技を続けられたな〜と、感心というか感動というか・・・。

今回のオリンピックでも活躍した方が大勢いた反面、結果を残せなかった選手達もいました。この本を読みながら「こんな思いをしたのに・・・;;;」と、すごくすごく残念に思った選手もいたんですが、そんな選手も、きっとまた、ここから這い上がってきてくれるに違いない、そう思えたりもしたのでした。




(2012.08.21読了)





Amazonアソシエイト by なぜあの時あきらめなかったのか (PHP新書) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
なぜあの時あきらめなかったのか(小松成美) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる