Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS 烏に単は似合わない(阿部智里)

<<   作成日時 : 2012/08/23 05:17   >>

トラックバック 3 / コメント 8

面白かったーっ!

新聞広告に惹かれて手に取ったんですが、久々に「本に呼ばれた」作品でした。最近、好きな作家さんばかりを追いかけるのに必死で、なかなか新規開拓が出来ないなぁ;;;と思ってたんですよね。おまけに「本に呼ばれる」ことも無くなっちゃったなぁ;;;と、内心ちょっと気にしてたんですが、まだまだ大丈夫だったようでホッとしました。「これは!」と思った本が思ったとおりに面白くって、すごく嬉しかった。

著者は最年少で松本清張賞を受賞(本作)した早稲田大学文化構想学部の現役学生さん。・・・あら、朝井リョウさんの後輩ですね〜。大学だけじゃなく学部まで一緒ですよ。それにしても、そんなに若いのかぁ;;;ある意味、ちょっとショックではあるけど、面白い本を書いてくれるのなら歳なんて関係ないしね(笑)


人間の代わりに「八咫烏」の一族が支配する世界で、世継ぎの若宮の妃選びの為に集められたのは4つの国を収める貴族の姫君たち。若宮の妃の座を巡って繰り広げられる陰謀に4人の姫たちは・・・。

まさにファンタジー。それも、ちょっとミステリー色が入っていてモロ私好み!読みながらテンションが上がらない筈がない(笑)いや〜楽しかった。

妃候補の姫君たちは集められたのに、肝心の若宮はなかなか姿を現さない。それなのに、侍女の失踪や謎の手紙など事件が次々と起こって、それらの犯人探しやお妃候補達の人間模様が絡まって、うわ、どうなるのーっ!?若宮は何してるのーっ!?どうして、現れないのーっ!?そして、あれは誰っ!?と、もうね、疑問がてんこ盛り。お陰で先が気になって、気になって・・・。そこそこの厚みがある本なうえに図書館の返却期限ギリギリで読み始めたので、「読み終わるかな」とちょっと不安があったんですが、気が付くと一気読みしちゃってました。お陰で寝不足にはなったんだけどね(笑)



ちょっとネタバレ気味かも。
未読の方はご注意ください。






読み進んでいくと、最初の印象がだんだん変わっていく。春殿に住まうことになった”うこぎ”目線で読んでたのに、だんだんと「あれ?あれれれ?」という印象になってきて、とどめが満を持しての若宮の登場!「やっと登場したよーっ!」と喜んだのも束の間、なんだか予想と全く違う方向に向かっていくような・・・。いやいや、気のせい、気のせ・・・え?えぇーーーーっ!?と、夜中に思わず絶叫しそうになりました。

最後まで読んですぐに最初を読み返し。・・・く、くそぉぅ!(←柄悪い読者;;;)そうだったのかーっ!くーっ、まんまと騙されたよっ!と、地団太を踏みたくなるくらい悔しかった。新人作家さんだし、表紙からしてラノベ風だったせいもあって、侮ってました。松本清張賞だもんね。ホントすみません!と、平謝りしたい気分です。もちろん、ちょっと突っ込みたいとこもあるにはあるけど、そこをイキオイで読ませる力があるのが凄い。・・・・って、何気に上から目線ですが;;;

最後にはラブ要素もあって、うへうへニマニマできたのも良かった(笑)まぁ、意外な組み合わせではあったけどね。

とにかく、楽しめました。次作も楽しみ!



(2012.08.13読了)




烏に単は似合わない
文藝春秋
阿部 智里

Amazonアソシエイト by 烏に単は似合わない の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
烏に単は似合わない 阿部智里
烏に単は似合わない著者:阿部 智里文藝春秋(2012-06-24)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る オススメ! 松本清張賞を最年少で受賞、そのスケール感と異世界を綿密に組み上げる想像力で ... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2012/09/03 20:31
『烏に単は似合わない』/阿部智里 ◎
おお〜、面白かった〜、最後はすごい怒涛の展開ね!なんて感心しつつ読了。そして、著者プロフィールを見てびっくりしました。え?阿部智里さんて、21歳で、この作品でデビュー?! 読みやすくて面白くて、世界観もしっかり出来てて、久しぶりに一気読みできました。 スゴイ作家さんが出てきてしまいましたねぇ。 非常に面白かったですよ〜、『烏に単は似合わない』。 ...続きを見る
蒼のほとりで書に溺れ。
2012/11/19 23:57
「烏に単は似合わない」 阿部 智里
烏に単は似合わない (文春文庫) 人間の代わりに「八咫烏」の一族が支配する世界「山内」で、世継ぎである若宮の后選びが始まった。 朝廷で激しく権力を争う大貴族四家から遣わされた四人の后候補。 春夏秋冬を司るかのようにそれぞれ魅力的な姫君たちが、思惑を秘め后の座を競う中、様々な事件が起こり…。 史上最年少松本清張賞受賞作。 ◆◆◆ 綿密な設定が光る、次世代ファンタジー これが、20歳の当時現役大学生が書いたデビュー作ですって・・・?読んでいるときは夢中でしたが、思い返すと、正直、鳥肌が立ちます。 世... ...続きを見る
BOOKESTEEM
2015/12/30 09:07

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
なんだか、どれもこれも面白そう……。
香桑
URL
2012/08/23 11:07
>香桑ちゃん
面白かったよ!うふふふふふー。
すずな
2012/08/23 12:52
こんばんは^^
いやー凄かったですよね。現役の大学生が書いたというのがまたすごいです。そういえば朝井さんの後輩ですね〜。
もう私もすーっかり騙されましたよ。
絶対あの人と一緒になると思っちゃいますよね。そしてそういう前置きがあったもんだからそれ以降の展開にひたすら驚きました。
ラブ要素もありましたね〜^^
私もニヤニヤしちゃいました。
苗坊
2012/09/03 20:40
>苗坊さん
この若さでこれを!?って感じでしたね〜。早稲田すごいなぁ〜と思っちゃいました。
苗坊さんも騙されましたか!あれは騙されますよねぇ^^;まさかまさかの展開にビックリでしたね。
ラストのラブ要素ではニマニマしちゃいましたね!
すずな
2012/09/04 12:50
すずなさん、こんばんは(^^)。
読者揃って、大どんでん返しに衝撃(笑)。
騙されますよねぇ。
そして、最後に若宮と妃のラブ要素、うふふでしたね。
だけど、妃は若宮を追加でぶん殴ったほうがいいと思います(笑)。
水無月・R
URL
2012/11/20 00:04
>水無月・Rさん
あの大どんでん返しにはヤラレましたよね〜^^;でも、あれは騙されますね!←必死で言い訳(笑)
衝撃が去った後のラブ要素も良かったですよね〜。まぁ、確かにぶん殴ってもいいかなって感じですよね(笑)
すずな
2012/11/21 12:44
こんにちは〜!私もまさか、あこぎがこんな風な視点でもって描かれるとは・・・・!とものすごい衝撃でした。
絶対ヒロインキャラだと思っていたのに…いや、ある意味ではヒロインなのですが、見る視点によってこうもかわるかなぁ。。。とうなりました。
美男美女ばかりでラブ要素も多くて、ものすごく読んでて楽しかったです(*´▽`*)
yoco
2015/12/30 09:06
>yocoさん
もうホントに「ヤラレタ〜!」でしたよねぇ!おっしゃる通り、あこぎはヒロインキャラだったので疑いもせず…まさかの展開でした。
ラブ要素も多くて、そっちでも楽しめましたね♪
すずな
2015/12/31 05:52

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
烏に単は似合わない(阿部智里) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる