Bookworm

アクセスカウンタ

zoom RSS 麒麟の翼(東野圭吾)

<<   作成日時 : 2011/04/24 07:19   >>

トラックバック 10 / コメント 6

加賀シリーズ第9弾。

面白かった。ちょっと泣けた。
・・・んだけど、シリーズ最高傑作!と言われると、うーーん;;;と思っちゃいますねぇ。とはいえ、このシリーズを読破してる訳ではないんですけどね(笑)「赤い指」などの最近の2作とシリーズ1作目の「卒業」から2作の計4作を読んだだけ。でも、その4作の中では「新参者」が一番良いと思うんですよねー。なので、「最高傑作」という謳い文句には頷けないかな。


日本橋の麒麟像の下で死んでいた男は、ナイフで胸を一突きされていた。容疑者と思われる男が見つかるが事故で意識不明の重体。果たして犯人は・・・そして、動機は・・・。


加賀シリーズを1作目から順番に読破しようと思って文庫本を購入したんですが、部屋で積読本の山の一部となっております(笑)いかんなー早く読まねばなーと思っていたら、先に新刊が出てしまった;;;ううううぅぅぅっと悩みつつ、誘惑には勝てずに新刊の方に先に手が出てしまった次第。積読本の山も早めに取り崩さなきゃなぁ・・・。

期待通り、楽しめました。なかなか真相に辿り着かなくって「どういうこと?どういうことーっ!?」と焦れながら、先へ先へとページを繰る手が止められない。気づくと一気読みでした。事件の真相もですが、加賀刑事の人となりというか、捜査姿勢にまたまた惚れた(笑)カッコイイー。

とはいえ、真相の方はねぇ。伏線が全く無かったとは言わないけど、途中でイキナリ出てきた!という印象でして。「え?そっちなのーっ!?」と、全く思いもしない方面に引きずられちゃったって感じかな。まぁ、意外と言えば意外なんだけど、それは反則じゃ・・・と言いたくなる気持ちも、ちょっぴり残らないでもないかな。とはいえ、驚かされたことには変わりは無いので、そういう意味では楽しめたとも言えるんだけどね。



あ。ここからちとネタバレ気味です;;;





でーも!これだけは・・・と思うことが二つばかり。結局、労災隠しはどういうことだったのかなぁ、と。雰囲気的には「死人に口無し」ってことで、全部の責任を押し付けられたって印象はあるんだけど。でも、そのまま置き去りだったような気が・・・。本当にお父さんの指示、単独行動?ってことなんでしょうか。そして、妹はどうなったのかしら・・・。自殺未遂まで起こしたのに、その後の彼女が描かれずに終わっちゃって。出来れば、事件の真相が分かった後の、彼女のというか、家族の様子をちらっとでも描いて欲しかったなーと思っちゃいました。そんなこんなで、なんだかちょっとモヤモヤ感が残ってしまってます。




面白かったんだけど、最後はちょっぴり泣けちゃったりもしたんだけど、「面白かったーっ!」と手放しで喜べる感じでもなかった。なーんかスッキリしないなぁ・・・。




(2011.04.23読了)




麒麟の翼 (特別書き下ろし)
講談社
2011-03-03
東野 圭吾

Amazonアソシエイト by 麒麟の翼 (特別書き下ろし) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(10件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
東野圭吾 「麒麟の翼」
東野圭吾氏の「新参者」に続く加賀恭一郎シリーズ最新刊「麒麟の翼」 ...続きを見る
映画と読書とタバコは止めないぞ!と思って...
2011/04/24 11:26
東野圭吾/「麒麟の翼」/講談社刊
東野圭吾さんの「麒麟の翼」。 ある夜、日本橋交番につめていた巡査は、一人の男が交番の前をふらつく足取りで通り過ぎるのを 目撃した。覚束ない足取りで日本橋方面に歩く男の姿を追っていると、日本橋の中程にある二体の 麒麟像が置かれた装飾柱の辺りで動かなくなった。酔って寝入っているのだろうと当りをつけた 巡査が側に近寄ってみると、男の胸にはナイフが刺さっていた。男は何故ナイフで刺されながらも 麒麟像を目指したのか。早々に一人の男が容疑者として浮かび上がり、事件は早期解決かと思われ たが... ...続きを見る
ミステリ読書録
2011/04/25 07:37
「麒麟の翼」 東野圭吾・著 | 加賀恭一郎シリーズ第9弾! 人情刑事"ブラタモリ"派
・加賀シリーズ最高傑作 ・誰も信じなくても、自分だけは信じよう。 ・ここから夢に羽ばたいていく、はずだった。 ...続きを見る
23:30の雑記帳
2011/04/26 01:30
東野圭吾『麒麟の翼』
東野圭吾『麒麟の翼』(講談社) 加賀恭一郎シリーズ ...続きを見る
itchy1976の日記
2011/04/26 17:48
麒麟の翼
東野圭吾 著  ...続きを見る
Akira's VOICE
2011/05/04 11:42
麒麟の翼 東野圭吾
麒麟の翼 (特別書き下ろし)著者:東野 圭吾講談社(2011-03-03)販売元:Amazon.co.jpクチコミを見る オススメ! 寒い夜、日本橋の欄干にもたれかかる男に声をかけた巡査が見たのは、胸に刺 ... ...続きを見る
苗坊の徒然日記
2011/05/22 12:53
【麒麟の翼】(東野圭吾)を読了!
ここから夢に羽ばたいていく、はずだった。誰も信じなくても、自分だけは信じよう。  まずは来訪記念にどうかひとつ!  人気blogランキング【あらすじ】寒い夜、日本橋の欄干にもたれかかる男に声をかけた巡査が見たのは、胸に刺さったナイフだった。大都会の真ん中で発生した事件の真相に、加賀恭一郎が挑む・・・日本橋で父親が殺された。そこで家族が初めてわかるのは「父親のことを何も知らなかった」という事実。普段は、どこにでかけ、何をしているのか誰も知らない。そんな家族像。容疑者として浮かんだのは八島。殺された... ...続きを見る
じゅずじの旦那
2011/07/26 18:59
偶然という名の落とし穴
作家「東野圭吾」といえば、 今最も本を売ることの出来るミステリー作家である。 では何故彼が今最も本を売ることの出来る作家なのか。 それは彼が単なるミステリーだけで 作品 ... ...続きを見る
活字の砂漠で溺れたい
2011/08/06 14:25
◎読書記録◎ 「麒麟の翼」 東野圭吾
{%足跡(テンテンテン)hdeco%}2011年の出来事{%足跡(テンテンテン)hdeco%} ...続きを見る
The 近況報告!〜今度は多摩川のほとり...
2012/02/26 22:48
麒麟の翼
 日本橋の中央に飾られている麒麟像。その麒麟像には翼があるという。その麒麟像まで瀕死の状態でたどり着いて亡くなった男。その胸にはナイフが突き立てられたいた。東野圭 ... ...続きを見る
風竜胆の書評
2015/08/28 18:41

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
どのレビュー読んでも『最高傑作っていうのは・・・』って書き方ですね^^;かくいう私もそうでしたが(苦笑)。加賀ファンとしては、加賀さんが出て来るってだけでも十分面白かったのですが、犯人に至る伏線はやっぱり少なかったかなぁと思いました。あと、私も労災隠しの件はきっちり真相を明かして欲しかったですね。そこをはっきしさせてくれないと、真相を知った上での父親像がブレてしまいますからねぇ。父親は関係してなかったと思いたいですけどね。
べる
2011/04/25 07:43
>べるさん
あらら、皆さん同じですか^^;「最高傑作」って言葉が使われていると、期待する分、反動が大きいんでしょうか。面白かったんですけどね。。。
労災隠しの件はハッキリさせて欲しかったですよねー。どうもすっきりしない終わり方でした。私も父親は罪を被せられただけだと思いたいです。

すずな
2011/04/25 12:41
やっぱり最高傑作って微妙ですよね^^;そう思っていたとしても読者は必要以上に期待してしまうから言わない方がいいと思います・・・。でも、面白かったです!
そういえば労災隠しについては解決しなかったですね。ああいうのってなかなか本当の事って分からないですよね。私も「死人に口なし」っていうことで擦り付けたんだと思ってます。
加賀さんはさすがでしたね^^本当に素敵な刑事さんです。
苗坊
2011/05/22 12:52
>苗坊さん
そうですよねー!「最高傑作」って書いてあると期待が膨らんじゃいますよね^^;面白かったんだけど、「最高傑作」って言われるとそれはどうかなぁ…と思いました。
労災隠しについてはそのまま放置だったので、すごい気になってしまって…。もうちょっと何かしらの結末を描いて欲しかったなぁと思いました。
加賀刑事は本当にいいですよね〜。ますます惚れました(笑)
すずな
2011/05/24 12:50
すずなさん こんにちは
加賀シリーズは complete してますよ!
仰るように新参者は良かったですよね。
それともう一冊選ぶなら「眠りの森」かな 笑
yori
URL
2011/08/06 14:46
>yoriさん
おー!既にコンプされてるんですね!
新参者は良かったですねー!これを超えてくれる作品が出ることを期待しつつ、コンプに向けて頑張ります☆
「眠りの森」は加賀さんの恋心がどうなるのかが気になって読んじゃった記憶が…(笑)
すずな
2011/08/08 12:47

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
麒麟の翼(東野圭吾) Bookworm/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる